男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

レミニセンス

  • れみにせんす
  • REMINISCENCE
  • REMINISCENCE
  • 平均評点

    67.2点(373人)

  • 観たひと

    525

  • 観たいひと

    28

  • レビューの数

    59

基本情報

ジャンル SF / ラブロマンス / サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 2021
公開年月日 2021/9/17
上映時間 116分
製作会社 Kilter Films=Michael De Luca Productions=FilmNation Entertainment
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

解説

「インターステラー」脚本のジョナサン・ノーラン製作、「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン主演のSFサスペンス。地球温暖化により都市が海に沈んだ世界で、記憶潜入エージェントのニックは、ある事件のカギを握る失踪した女性メイを追う。出演は、「グレイテスト・ショーマン」のレベッカ・ファーガソン、ドラマ『ウエストワールド』のタンディ・ニュートン。監督は、『ウエストワールド』のリサ・ジョイ。

あらすじ

地球温暖化により海面が上昇し、都市が海に沈み、水に支配された世界。記憶潜入(レミニセンス)エージェントとして暗躍するニック(ヒュー・ジャックマン)はある日、検察から、瀕死の姿で発見された新興勢力のギャング組織の男の記憶に潜入し、ギャングの正体と目的を掴んでほしいと依頼される。男の記憶から映し出された、事件のカギを握る謎の女性メイ(レベッカ・ファーガソン)を追い、ニックは多くの人々の記憶に潜入する。しかし、膨大な記憶と映像に翻弄され、次第に予測もしなかった陰謀へと巻き込まれていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年10月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「レミニセンス」

2021年9月下旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「レミニセンス」