男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

主婦の学校

  • しゅふのがっこう
  • HÚSMÆÐRASKÓLINN
  • THE SCHOOL OF HOUSEWIVES
  • 平均評点

    65.7点(10人)

  • 観たひと

    17

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    5

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / 社会派
製作国 アイスランド
製作年 2020
公開年月日 2021/10/16
上映時間 78分
製作会社 Mus & Kott
配給 kinologue(提供:kinologue)
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ステレオ
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)Mús & Kött 2020

場面

予告編


     

解説

“ジェンダー平等指数”12年連続1位のアイスランド。その首都レイキャビクにある1942年創立の男女共学の家政学校を取材したドキュメンタリー。学生たちが家事全般を学ぶなか、自立した人生を楽しむための技術、今を生きる知恵をつかむ姿を浮き彫りにしていく。監督は本作で長編デビューを果たしたアイスランドの新鋭女性監督ステファニア・トルス。家政学校(花嫁学校)はかつて、義務教育後に進学の機会が少なかった女性たちを良き主婦へと育成することを目的に世界中に存在した。その多くは衰退したが、この学校は1997年に初めて男子学生を受け入れ現在まで存続している。今では男女を問わず、「自分のことを自分で世話できる人間になりたい」という学生たちがアイスランド全土から集まってくる。監督は、家事は女性だけの仕事ではない、つまり、私たちは皆、主婦だと言えると語り、〈主婦〉という言葉はポジティブなものであるべきだと、タイトルに掲げたという。

あらすじ

1942年創立、レイキャビクにある男女共学の家政学校「主婦の学校」。白く美しい建物が優雅な雰囲気を醸し出すこの学校には、現在でもアイスランド全土から、さまざまな期待を胸にした学生が集まってくる。ここは学位のためではなく、学びたい人が自分のために行く学校だ。24名の学生たちは、その多くが寮で共同生活を送りながら、一学期3カ月の間、あらゆる家事や手仕事を基本から学んでいく。初歩的な料理からおもてなし料理・伝統料理の調理法、衣類の種類に応じた洗濯法や正しいアイロンがけ、素材の理解と縫製技術、美しいテーブルセッティング&マナー、火災予防のための消火器の使い方など、理論と実技を実践的に学。昔からほぼ変わっていない教育内容には、家事の基本を押さえるだけでなく、破れた衣服の修理や食品を使い切ることなど、今の時代に必須な環境に優しいサステイナブル(持続可能)な学びも含まれている。

関連するキネマ旬報の記事

2021年11月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「〈主婦〉の学校」

2021年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「〈主婦〉の学校」