男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ラスト・ワルツ

  • らすとわるつ
  • The Last Waltz
  • The Last Waltz

amazon


  • 平均評点

    78.6点(129人)

  • 観たひと

    185

  • 観たいひと

    19

  • レビューの数

    20

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / アート
製作国 アメリカ
製作年 1978
公開年月日 1978/7/29
上映時間 115分
製作会社 M・スコシージ=R・ロバートソン・プロ作品
配給 ユナイト映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ フィルム
音声 ドルビー
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

(C)2018 Metro-Goldwyn-Meyer Studios Inc. All Rights reserved.

解説

60年代のロック・シーンに足跡を残したグループ『ザ・バンド』の16年間の総決算ともいえる、さよならコンサートをドキュメント仕立に捉える。1976年11月25日、感謝祭にわく西海岸サンフランシスコにおいて、一大コンサートが開かれた。ロック・グループのザ・バンドが、今後一切コンサート活動は行なわないという名目で開かれた『ラスト・ワルツ』がそれだ。演奏曲目は『ドント・ドゥー・イット』『ラスト・ワルツのテーマ』『トリプル・クリーク』『シェイプ・アイム・イン』『同じことさ!』など。製作総指揮はジョナサン・タプリン、製作はロビー・ロバートソン、コンサート・プロデューサーはビル・グラハム、監督は「ニューヨーク・ニューヨーク」のマーティン・スコシージ、撮影はマイケル・チャップマン、ラズロ・コバックス、ヴィルモス・ジグモンド、デイビッド・マイヤーズ、ボビー・バーン、マイケル・ワトキンス、ヒロ・ナリタ、製作デザインはボリス・レヴィン、編集はイウ・バン・イーとジャン・ロブリー、録音はマイケル・エブジェ、ドン・ラスビーが各々担当。出演はザ・バンドのリック・ダンコ、レボン・ヘルム、ガース・ハドソン、リチャード・マニュエル、ロビー・ロバートソン。ゲストはボブ・ディラン、ロニー・ホーキンス、ドクター・ジョン、ニール・ヤング、ニール・ダイアモンド、ジョニ・ミッチェル、ロン・ウッドなど。2018年4月14日よりデジタル・リマスター版が全国順次公開(配給:ブロードウェイ=アダンソニア)。

あらすじ

関連するキネマ旬報の記事

2018年6月上旬特別号

ぼくのアメリカ映画時評:第5回 1977年へのタイムカプセル 「ラスト・ワルツ」/「ワンダーストラック」

2018年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ラスト・ワルツ デジタルリマスター版」

1978年9月上旬号

外国映画批評:ラスト・ワルツ

1978年8月上旬号

外国映画紹介:ラスト・ワルツ

1978年7月下旬号

グラビア:ラスト・ワルツ

キネ旬試写室:ラスト・ワルツ