男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

Mr.ノーバディ(2020)

  • みすたーのーばでぃ
  • NOBODY
  • NOBODY
  • 平均評点

    77.1点(500人)

  • 観たひと

    649

  • 観たいひと

    39

  • レビューの数

    65

基本情報

ジャンル アクション / バイオレンス
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2021/6/11
上映時間 92分
製作会社 87North=Eighty Two Films
配給 東宝東和
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2021 Universal Pictures

解説

「ハードコア」のイリヤ・ナイシュラーと「ジョン・ウィック」シリーズの脚本家デレク・コルスタッドがタッグを組んだアクション。地味で冴えない日々を送る中年男ハッチが、バスでチンピラと遭遇したことをきっかけにブチ切れ、ド派手な騒動が巻き起こる。出演は『ベター・コール・ソウル』のボブ・オデンカーク、「ワンダーウーマン 1984」のコニー・ニールセン、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のクリストファー・ロイド。

あらすじ

外見は地味で、目立った特徴もないハッチ・マンセル(ボブ・オデンカーク)は、郊外にある自宅と職場の金型工場を、路線バスで往復する退屈な毎日を送っていた。この世の理不尽なことはすべて受け止め、決して歯向かうことはない。そのため、妻からは距離を取られ、息子からリスペクトされることもない。世間から見れば、どこにでもいる、何者でもない男だった。ある夜、郊外の自宅に2人の強盗が押し入ってくるが、暴力を恐れたハッチは、父親らしく反撃することが出来なかった。この事件をきっかけに、ますます家族の失望を買い、同じ職場の義弟からもいちゃもんをつけられたハッチは、胸の中でふつふつとした怒りを湧き上がらせていく。そんなある日、バスの車内でチンピラと遭遇したハッチは、“ジジイ”呼ばわりされたことで、遂にブチ切れ、大乱闘を繰り広げる。しかしこの事件はその後、ロシアンマフィアへと繋がり、街頭での銃撃戦からカーチェイスへ、派手にエスカレートしていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年6月下旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「Mr.ノーバディ」