男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ライトハウス

  • らいとはうす
  • The Lighthouse
  • The Lighthouse
  • 平均評点

    70.2点(309人)

  • 観たひと

    450

  • 観たいひと

    39

  • レビューの数

    67

基本情報

ジャンル ホラー / スリラー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2019
公開年月日 2021/7/9
上映時間 109分
製作会社 RT Features=Parts and Labor
配給 トランスフォーマー
レイティング R-15
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.

解説

第72回カンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞したA24製作、「ウィッチ」のロバート・エガース監督によるスリラー。謎めいた孤島にやって来た2人の灯台守が外界から遮断され、狂気と幻想に侵されていくさまをモノクロ、スタンダードサイズで映し出す。出演は「永遠の門 ゴッホの見た未来」のウィレム・デフォー、「TENET テネット」のロバート・パティンソン。第92回アカデミー賞撮影賞ノミネート。

あらすじ

1890年代。ニューイングランドの孤島に2人の灯台守、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)とイーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)がやって来る。彼らにはこれから4週間にわたり、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマスと未経験の若者イーフレイムは、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気が続くなか、やがて嵐が訪れ、2人は島に閉じ込められてしまう……。

関連するキネマ旬報の記事

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.37 平野紫耀「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル」

IN THE MOOD FOR CINEMA:サイコスリラーでゾクっとする「ライトハウス」「ジャッリカットゥ 牛の怒り」

2021年9月上旬号

読者の映画評:「ライトハウス」船戸五郎/「カウラは忘れない」山内豊/「ジョーカー」増本力丸

2021年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ライトハウス」

UPCOMING 新作紹介:「ライトハウス」