男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

アメリカン・ユートピア

  • あめりかんゆーとぴあ
  • DAVID BYRNE`S AMERICAN UTOPIA
  • DAVID BYRNE`S AMERICAN UTOPIA
  • 平均評点

    82.3点(256人)

  • 観たひと

    355

  • 観たいひと

    70

  • レビューの数

    57

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2021/5/28
上映時間 107分
製作会社 HBO Films=Participant=River Road Entertainment=Warner Music Entertainment=40 Acres and a Mule Filmworks=RadicalMedia=Todomundo
配給 パルコ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

場面

予告編


     

解説

元トーキング・ヘッズのフロントマン、デイヴィッド・バーンによるブロードウェイ・ショーを「ブラック・クランズマン」のスパイク・リーが映画化。バーンが11人のミュージシャンやダンサーとともに計21曲を演奏し、現代の様々な問題について問いかける。振付は、過去にもバーンの舞台を手掛けたアニー・B・パーソン。プロダクション・コンサルタントは、バーン一家のアレックス・ティムバース。撮影監督は、「サマー・オブ・サム」のエレン・クラス。

あらすじ

原案は、2018年にデイヴィッド・バーンが発表したアルバム『アメリカン・ユートピア』。この作品のワールドツアー後、19年の秋からブロードウェイのショーとして再構成された舞台が始まった。その斬新な内容は大評判となり、スパイク・リーによる映画化がスタート。ドキュメンタリーでも記録映画でもない、新たなスタイルのライヴ映画が誕生した。ショーの冒頭、プラスティックの脳を持って登場したデイヴィッド・バーンが、人間の脳の進化について語り始める。「人間の脳は成長と共に衰えていく」という衝撃的な研究結果について話を始めたバーンは、ショーを通じて現代のさまざまな問題について問いかける。コミュニケーションの大切さや選挙の重要性、人種問題など、混迷の時代を生きる現代人の意識を揺さぶる物語が語られる。今回の舞台で、バーンは意識的に何もない空間を選んだ。マイクもドラムセットもなくし、新たな仲間である11人のミュージシャンやダンサーと舞台の上を縦横無尽に動き回る。さまざまな国籍を持つ11人の仲間が舞台に立ち、クライマックスではブラック・ライブヴズ・マターを訴えるプロテスト・ソング、ジャネール・モネイの『Hell You Talmbout』を歌う。アルバム『アメリカン・ユートピア』の5曲、トーキング・ヘッズ時代の代表曲9曲を含む計21曲が演奏される。大ベテランのバーンがパワフルに歌いながら踊り、11人の新たな仲間と組むことで、ミュージシャンとしても更なる進化を遂げた。

関連するキネマ旬報の記事

2021年6月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「アメリカン・ユートピア」

2021年5月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「アメリカン・ユートピア」