男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

プロミシング・ヤング・ウーマン

  • ぷろみしんぐやんぐうーまん
  • PROMISING YOUNG WOMAN
  • PROMISING YOUNG WOMAN
  • 平均評点

    79.8点(692人)

  • 観たひと

    929

  • 観たいひと

    69

  • レビューの数

    127

基本情報

ジャンル スリラー / ドラマ
製作国 イギリス=アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2021/7/16
上映時間 113分
製作会社 LuckyChap Entertainment
配給 パルコ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)Universal Pictures. (C)2020 Focus Features.

解説

「未来を花束にして」のキャリー・マリガン主演によるワイルドで型破りな復讐ドラマ。ある不可解な事件によって不意にその有望な前途を奪われてしまったキャシー。平凡な生活を送っているかに見える彼女だったが、誰も知らない“もうひとつの顔”を持っていた。共演は「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」の監督を務めたボー・バーナム。監督・脚本は、本作で長編デビューを果たした英国人女優のエメラルド・フェネル。

あらすじ

“明るい未来が約束された若い女性”(プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じて疑わなかったキャシー(キャリー・マリガン)。だが、ある不可解な事件によって、不意にその有望な前途を奪われてしまう。平凡な生活を送っているかに見えるキャシーだったが、実は誰も知らない“もうひとつの顔”を持っていた。夜ごと出掛ける彼女の謎の行動。果たしてその裏には一体何が……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:外国映画ベスト・テン

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2021年8月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「プロミシング・ヤング・ウーマン」

2021年7月下旬号

巻頭特集 今こそ観たい女性たちの映画:PART1 「プロミシング・ヤング・ウーマン」 作品評

巻頭特集 今こそ観たい女性たちの映画:PART1 「プロミシング・ヤング・ウーマン」 コラム

UPCOMING 新作紹介:「プロミシング・ヤング・ウーマン」