男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン

  • あめいじんぐぐれいすあれさふらんくりん
  • Amazing Grace
  • AMAZING GRACE
  • 平均評点

    73.6点(148人)

  • 観たひと

    214

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2021/5/28
上映時間 90分
製作会社 Al's Records And Tapes
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ フィルム
音声
上映フォーマット 35mm

スタッフ

キャスト

2018(C)Amazing Grace Movie LLC

解説

“ソウルの女王”アレサ・フランクリンの1972年のゴスペル・ライブを収録したドキュメンタリー。「愛と哀しみの果て」のシドニー・ポラックにより撮影されるも技術上の問題により未完となっていた映像を、最新技術で映画化。伝説のライブが映画館で蘇る。2019年NAACPイメージ・アワードoutstanding documentary、カンザスシティ映画批評家協会ベストドキュメンタリー受賞のほか、国際映画祭に多数出品。

あらすじ

1972年1月13日、14日、ロサンゼルスのニュー・テンプル・ミッショナリー・バプティスト教会で、“ソウルの女王”と呼ばれたアレサ・フランクリンによるライブが行われた。そこで収録されたライブ・アルバム『AMAGING GRACE』は300万枚以上を売り上げ、史上最高のゴスペル・アルバムとして今もなお評価されている。その感動的な夜の記録が、ついに映像で蘇る。コーネル・デュプリー(ギター)、チャック・レイニー(ベース)、バーナード・パーディー(ドラム)らに加えサザン・カリフォルニア・コミュニティ聖歌隊をバックに、アレサが自らのルーツであるゴスペルを歌い上げ、伝説となっているこのライブは、実はドキュメンタリー映画としてシドニー・ポラックによって撮影されていた。アルバム発売の翌年に公開される予定だったが、カットの始めと終わりのカチンコがなかったために音と映像をシンクロさせることができず、未完のまま頓挫していたのだ。長年の月日を経て、テクノロジーの発展により、ついに映画が完成。音楽史を塗り替えたと言われる幻のライブが、スクリーンに登場する。

関連するキネマ旬報の記事

2021年6月下旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン」

2021年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン」