男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

緑の牢獄

  • みどりのろうごく
  • 緑色牢籠
  • GREEN JAIL
  • 平均評点

    62.4点(11人)

  • 観たひと

    19

  • 観たいひと

    7

  • レビューの数

    4

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー / ヒューマン
製作国 日本=台湾=フランス
製作年 2021
公開年月日 2021/4/3
上映時間 101分
製作会社 ムーリンプロダクション=木林電影(共同製作:シグロ=24images)
配給 ムーリンプロダクション=シグロ
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2021 Moolin Films, Ltd. & Moolin Production, Co., Ltd.

解説

台湾出身で沖縄を拠点に活動する黄インイクが、7年を費やし、西表島で独り暮らしする台湾出身の高齢女性の姿に迫ったドキュメンタリー。10歳の時、父と共に台湾から西表島に渡った橋間良子。人生のほとんどをここで過ごしてきた彼女は今、何を思うのか。黄の前作「海の彼方」に続き、植民地時代の台湾から八重山諸島に移住した越境者たちとその現在を横断的に描く「狂山之海」シリーズ第二弾。

あらすじ

熱帯林に囲まれ、“秘境”と呼ばれる西表島。島には、巨大な炭鉱が人知れず眠っていた。廃坑を無秩序に覆う緑、そこを住処とするイノシシの群れ、そして廃坑を見つめる90歳の老女、橋間良子。10歳で父に連れられ、台湾からこの島に渡り、人生のほとんどをここで過ごした彼女は、たった一人で誰もいない家を守る。眠れない夜には、島を出て音信不通になった子どもや炭鉱の暗い過去、父への問いかけなど、忘れたくても捨てられない記憶たちが彼女を襲う。希望、怒り、不安、そして後悔……。人生最期に放つ彼女の静かな輝きが、この一作に凝縮される。

関連するキネマ旬報の記事

2022年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:文化映画ベスト・テン

2021年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「緑の牢獄」