男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ファーザー

  • ふぁーざー
  • THE FATHER
  • THE FATHER
  • 平均評点

    78.7点(663人)

  • 観たひと

    893

  • 観たいひと

    89

  • レビューの数

    129

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 イギリス=フランス
製作年 2020
公開年月日 2021/5/14
上映時間 97分
製作会社 F Comme Film=Trademark Films=Cine@
配給 ショウゲート
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINÉ-@ ORANGE STUDIO 2020

解説

世界30カ国以上で上演された舞台をアンソニー・ホプキンス&オリヴィア・コールマン共演で映画化。81歳のアンソニーはロンドンで独り暮らし。日々記憶が薄れゆくが娘のアンが手配する介護人を拒否していた。そんなある日、アンの夫だという見知らぬ男が現れる。戯曲を手がけたフロリアン・ゼレールによる長編初監督作。

あらすじ

ロンドン。独り暮らしを送る81歳のアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症によって記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリヴィア・コールマン)が手配する介護人を拒否していた。そんなある日、アンが新しい恋人とパリで暮らすと知ったアンソニーはショックを受ける。ところが、アンと結婚して10年以上になると語る見知らぬ男がアンソニーの自宅に突然現れ、ここが自分とアンの家だと主張するのだった。アンソニーにはもうひとつ気がかりなことがあった。もう一人の娘、最愛のルーシーはどこに消えたのか。現実と幻想の境界が崩れていくなか、やがてアンソニーはある“真実”にたどり着く……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:外国映画ベスト・テン

2021年 第95回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2021年8月上旬号

読者の映画評:「逃げた女」原田隆司/「ファーザー」星野市子/「東京オリンピック」嶋田萌

2021年7月下旬号

読者の映画評:「きみが死んだあとで」植岡深雪/「ファーザー」船戸五郎/「ファーザー」伊谷妙子

2021年6月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ファーザー」

2021年5月上・下旬合併号

「ファーザー」:作品評

「ファーザー」:寄稿

UPCOMING 新作紹介:「ファーザー」