男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

水を抱く女

  • みずをだくおんな
  • UNDINE
  • UNDINE
  • 平均評点

    72.5点(46人)

  • 観たひと

    56

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ファンタジー / ドラマ
製作国 ドイツ=フランス
製作年 2020
公開年月日 2021/3/26
上映時間 90分
製作会社 Schramm Film Koerner & Weber
配給 彩プロ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 2020

場面

予告編


     

解説

第70回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀女優賞)と国際映画批評家連盟賞をW受賞したミステリアスな愛の叙事詩。哀しき宿命を背負った魅惑的な水の精、ウンディーネの神話をモチーフに「東ベルリンから来た女」のクリスティアン・ペッツォルト監督が映画化。出演は「婚約者の友人」のパウラ・ベーア、「希望の灯り」のフランツ・ロゴフスキ。

あらすじ

ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ(パウラ・ベーア)は、アレクサンダー広場に隣接する小さなアパートに住み、博物館でガイドとして働いている。だが、恋人のヨハネス(ヤコブ・マッチェンツ)が別の女性に心移りし、ウンディーネは悲嘆に暮れていた。そんな彼女の前に現れた愛情深い潜水作業員のクリストフ(フランツ・ロゴフスキ)。数奇な運命に導かれるように、ふたりは激しく惹かれ合う。しかしクリストフは、幸せで無垢な新しい愛を大切に育みながらも、彼女が必死に何かから逃れようとしているような違和感を感じ取る。そんななか、ウンディーネは再び自分の宿命と直面することになる……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年4月上旬号

「水を抱く女」:作品論

「水を抱く女」:監督論

REVIEW 日本映画&外国映画:「水を抱く女」

UPCOMING 新作紹介:「水を抱く女」