男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

DAU. ナターシャ

  • だうなたーしゃ
  • DAU. Natasha
  • DAU. NATASHA
  • 平均評点

    67.2点(81人)

  • 観たひと

    121

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル 社会派 / ドラマ
製作国 ドイツ=ウクライナ=イギリス=ロシア
製作年 2020
公開年月日 2021/2/27
上映時間 139分
製作会社 Phenomen Berlin Filmproduktion= Phenomen Ukraine=Phenomen UK=Phenomen Films=WDR Arte
配給 トランスフォーマー
レイティング R-18
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)DAU_movie

場面

予告編


     

解説

欧州最大1万2千平米のセットと1万人のエキストラ、15年の時間を費やしてソ連全体主義社会を完全再現。ソ連の秘密研究所に併設された食堂で働くナターシャは、スパイ容疑でKGBから追及を受ける。ベルリン国際映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)受賞作。キャストたちは当時を忠実に再現した秘密研究都市のセットで約2年、実際に生活しながら撮影が行われた。主演のナターリヤ ・ベレジナヤは、本作でスカウトされた新人。出演者には、本物のノーベル賞受賞者、元ネオナチリーダーや元KGB職員なども加わっている。監督は「4」が各国の映画祭で絶賛されたロシアの鬼才イリヤ・フルジャノフスキー。

あらすじ

ソ連某所にある秘密研究所。この施設では、多くの科学者たちが軍事的な研究を続けていた。ナターシャ(ナターリヤ ・ベレジナヤ)は、この施設に併設された食堂で働くウェイトレス。ある日、彼女は研究所に滞在するフランス人科学者と肉体関係を結ぶ。言葉も通じないまま、惹かれ合う2人。だが、当局から呼び出しを受けた彼女は、冷酷なKGB職員が待つ暗い部屋に案内され、スパイ容疑で厳しい追及を受けることに……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年3月下旬映画業界決算特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:DAU. ナターシャ

2021年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「DAU. ナターシャ」