男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

私は確信する

  • わたしはかくしんする
  • UNE INTIME CONVICTION
  • CONVICTION
  • 平均評点

    70.7点(185人)

  • 観たひと

    244

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    45

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 フランス=ベルギー
製作年 2018
公開年月日 2021/2/12
上映時間 110分
製作会社 Delante Productions=Delante Cinema
配給 セテラ・インターナショナル
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)Delante Productions - Photo Severine BRIGEOT

解説

ヒッチコック狂による完全犯罪として世間を騒がせた未解決事件を基にしたサスペンス。スザンヌが忽然と姿を消し、夫である大学教授のジャックが彼女を殺した容疑で裁判にかけられる。彼の無実を確信するノラは敏腕弁護士に弁護を依頼、自らも調査に乗り出す。長編初監督のアントワーヌ・ランボーが、「シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢」のマリーナ・フォイスや「息子のまなざし」のオリヴィエ・グルメら実力派俳優陣と組み、裁判と事件の調査を並行して描く。

あらすじ

2000年2月、スザンヌ・ヴィギエが3人の子供たちを残して失踪。数々の証言や疑惑から、殺害の容疑で夫である大学教授のジャック(ローラン・リュカ)が裁判にかけられる。シングルマザーのノラ(マリーナ・フォイス)は彼の無実を確信し、敏腕弁護士デュポン=モレッティ(オリヴィエ・グルメ)に弁護を懇願。自らアシスタントを務め、調査に乗り出す。やがて新たな真実と疑惑が浮かび上がり……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「私は確信する」

UPCOMING 新作紹介:「私は確信する」