男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ザ・スイッチ

  • ざすいっち
  • FREAKY
  • FREAKY
  • 平均評点

    72.2点(315人)

  • 観たひと

    437

  • 観たいひと

    26

  • レビューの数

    52

基本情報

ジャンル SF / スリラー
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2021/4/9
上映時間 102分
製作会社 Blumhouse Productions
配給 東宝東和
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS

解説

「ハッピー・デス・デイ」シリーズのクリストファー・ランドン監督が“入れ替わり”を題材に撮り上げたホラー。退屈な高校生活を過ごすミリーは、ある日の夜、連続殺人鬼ブッチャーに襲われ短剣を突き刺されるが、なぜか2人の身体が入れ替わってしまい……。出演は「ファイティング・ファミリー」のヴィンス・ヴォーン、「名探偵ピカチュウ」のキャスリン・ニュートン。

あらすじ

女子高生のミリー(キャスリン・ニュートン)は、片思い中の同級生にも相手にされず、今日も憂鬱な一日をやり過ごそうとしていた。家では夫と死別し悲しみを紛らわすかのようにアルコールに溺れる母と、警察官の姉との板挟みになり、学校では嫌がらせのターゲットにされ、我慢を強いられる毎日。親友のナイラ(セレステ・オコナー)とジョシュ(ミーシャ・オシェロヴィッチ)と一緒にいる時間だけが、ミリーにとって僅かな慰めだった。そんなある日の晩、アメフトの応援後に無人のグラウンドで母の迎えを待っていたミリーに、邪悪な影が忍び寄る。連続殺人鬼ブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)が、鳴り響く雷鳴とともにミリーを短剣で突き刺す。間一髪、命を取り留めたミリーだったが、翌朝目覚めると、ミリーとブッチャーの身体が入れ替わっていた。女子高生姿のブッチャーが虐殺計画を進めるなか、中年男姿のミリーは24時間以内に入れ替わりを解除しなければ、一生元の身体に戻れないことを知る……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ザ・スイッチ」

2021年2月上旬号

「ザ・スイッチ」:インタビュー キャスリン・ニュートン

「ザ・スイッチ」:インタビュー クリストファー・ランドン[監督]&ジェイソン・ブラム[製作]

「ザ・スイッチ」:寄稿

REVIEW 日本映画&外国映画:「ザ・スイッチ」

2021年1月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「ザ・スイッチ」