男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

羊飼いと風船

  • ひつじかいとふうせん
  • 気球
  • BALLOON
  • 平均評点

    74.1点(54人)

  • 観たひと

    77

  • 観たいひと

    23

  • レビューの数

    16

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 中国
製作年 2019
公開年月日 2021/1/22
上映時間 102分
製作会社 Mani Stone Pictures
配給 ビターズ・エンド
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2019 Factory Gate Films. All Rights Reserved.

場面

予告編


     

解説

チベット映画の先駆者として世界的評価を集めるペマ・ツェテンが、広大な草原に生きる家族の日常を、雄大な映像美の中に綴った物語。祖父と3人の息子を抱え、牧畜で生計を立てながら暮らす若夫婦。子どもたちのいたずらが、彼らの間にさざ波を巻き起こす。出演は「轢き殺された羊」のソナム・ワンモ、「巡礼の約束」のジンバ。2019年の第20回東京フィルメックスで最優秀作品賞を受賞した。

あらすじ

チベットの草原地帯。タルギェ(ジンバ)とドルカル(ソナム・ワンモ)の若夫婦は、祖父とジャムヤン以下3人の息子を抱える三世代の家族として、牧畜で生計を立てながら暮らしていた。昔から続く、慎ましくも穏やかな日々。しかし、受け継がれてきた伝統や価値観は近代化によって、少しずつ変わり始めていた。そんなある日、風船にまつわる子どもたちの些細ないたずらが、家族の間にさざ波を巻き起こし始める。変わりゆく時代の中、ただ願うのは家族の幸せ。羊を売ってジャムヤンの進学費用に充てようとするタルギェ。ドルカルの妹・シャンチュ(ヤンシクツォ)と元恋人タクブンジャの再会。やがて訪れる祖父の死と新たな生命の誕生。それぞれの想いは交差し、チベットの風に吹かれ浮遊していく。

関連するキネマ旬報の記事

2021年2月上旬号

「羊飼いと風船」:作家論

「羊飼いと風船」:作品評

REVIEW 日本映画&外国映画:「羊飼いと風船」

UPCOMING 新作紹介:「羊飼いと風船」