男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

KCIA 南山(ナムサン)の部長たち

  • けーしーあいえーなんさんのぶちょうたち
  • 남산의 부장들
  • THE MAN STANDING NEXT
  • 平均評点

    78.6点(197人)

  • 観たひと

    270

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    47

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 韓国
製作年 2019
公開年月日 2021/1/22
上映時間 114分
製作会社 Hive Media Corp=Gemstone Pictures
配給 クロックワークス
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督ウ・ミンホ 
脚本ウ・ミンホ 
イ・ジミン 
原作金忠植:(『実録KCIA―「南山と呼ばれた男たち」』(訳:鶴真輔/講談社刊))
製作総指揮キム・ドス 
ファン・スンイル 
製作キム・ウォンクク 
カン・サラ 
撮影ゴ・ナクソン 
美術チョ・ファソン 
音楽チョ・ヨンウク 
録音チョ・テヨン 
照明イ・スンビン 
編集チョン・ジウン 
衣裳デザインクァク・ジョンア 
メイクアップキム・ソヒ 
字幕翻訳福留友子 
字幕監修秋月望 

キャスト

(C) 2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

場面

予告編


     

解説

1979年10月26日に起きた韓国の朴正煕大統領暗殺事件を基にした実録サスペンス。大統領直属機関として権力を握るKCIA(中央情報部)部長キム・ジェギュが大統領を射殺。事件前、大統領の命令でキムは腐敗を告発した元部長に接触。そこから彼の運命が狂いだす。「インサイダーズ/内部者たち」のウ・ミンホ監督とイ・ビョンホンが再びタッグを組み、ベストセラーノンフィクションを原作に歴史の闇に迫る。共演は、「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」のイ・ソンミン、「哭声/コクソン」のクァク・ドウォンほか。

あらすじ

韓国中央情報部、通称KCIAは、大韓民国大統領直属の諜報機関として権力を握り、組織を束ねる者はその所在地から“南山の部長”として恐れられる存在であった。そんな大統領に次ぐ強大な権力と情報を握っていたとされるKCIAのトップ、キム・ギュピョン(イ・ビョンホン)が、1979年10月26日、大統領(イ・ソンミン)を射殺する事件を起こした……。事件の40日前、KCIA元部長パク・ヨンガク(クァク・ドウォン)が、亡命先であるアメリカの下院議会聴聞会で韓国大統領の腐敗を告発。ヨンガクは回顧録の執筆にも取りかかっていた。大統領は激怒しキム部長に事態の収拾を命令。アメリカに渡り、かつての友人でもある裏切り者ヨンガクに接触するが、その時からキム部長の運命が狂い始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年2月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「KCIA 南山の部長たち」

2021年1月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「KCIA 南山の部長たち」