男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ハッピー・オールド・イヤー

  • はっぴーおーるどいやー
  • ฮาวทูทิ ้ง..ทิ ้งอย่างไรไม่ใหเ้หลอืเธอ
  • HAPPY OLD YEAR
  • 平均評点

    77.1点(83人)

  • 観たひと

    120

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 タイ
製作年 2019
公開年月日 2020/12/11
上映時間 113分
製作会社 GDH 559=Very Sad Pictures=Happy Ending Film
配給 ザジフィルムズ=マクザム(協力:大阪アジアン映画祭)
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/スタンダード
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2019 GDH 559 Co., Ltd.

場面

予告編


     

解説

タイ映画界の新世代の旗手ナワポン・タムロンラタナリット監督による日本劇場初公開作。海外留学から帰国したジーンは、かつて父が経営していた音楽教室兼自宅の断捨離を行い、自分の事務所にしようとするが、借りた物や写真の思い出が蘇り片づけは一向に進まない。主演は「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」のチュティモン・ジョンジャルーンスックジン。第15回(2020年)大阪アジアン映画祭でグランプリを受賞。

あらすじ

留学先のスウェーデンでミニマルなライフスタイルを学び帰国したデザイナーのジーン(チュティモン・ジョンジャルーンスックジン)。かつて父親が営んでいた音楽教室兼自宅の小さなビルで、出て行った父を忘れられずにいる母、自作の服をオンラインで販売する兄と3人で暮らす彼女は、家をリフォームしてデザイン事務所にすることを思い立つ。理想的なオフィスを目指し、モノにあふれた家の“断捨離”を進めていくジーン。洋服、レコード、楽器、アルバムといった友達から借りたままだったモノを返して廻るが、彼らの反応は千差万別で、なかなか思うように断捨離は進まない。そんななか、かつての恋人エーム(サニー・スワンメーターノン)から借りたカメラを見つけたジーンは、処分に困りながらも小包として送り返すが、受取を拒否されジーンのもとに戻ってきてしまう……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年12月下旬号

「ハッピー・オールド・イヤー」:インタビュー ナワポン・タムロンラタナリット[監督]

「ハッピー・オールド・イヤー」:エッセイとイラスト

REVIEW 日本映画&外国映画:「ハッピー・オールド・イヤー」

2020年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ハッピー・オールド・イヤー」