男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

のさりの島

  • のさりのしま
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    71.7点(27人)

  • 観たひと

    39

  • 観たいひと

    9

  • レビューの数

    6

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2021/5/29
上映時間 129分
製作会社 北白川派(製作協力:熊本県天草市=京都芸術大学)
配給 北白川派
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督山本起也 
脚本山本起也 
プロデューサー小山薫堂 
撮影鈴木一博 
美術丸山裕司 
装飾嵩村裕司 
音楽谷川賢作 
小倉綾乃 
藤本一馬 
録音吉田憲義 
照明守利賢一 
編集鈴木歓 
スタイリスト浜井貴子 
衣裳藤林さくら 
ヘアメイク近藤美香 
グレーディング関谷和久 
キャスティング小林良二 
ラインプロデューサー大日方教史 
制作担当後藤聡 
監督補毛利安孝 
VFX西尾健太郎 
タイトル酒井洋輔 
ロケーションプロデューサー小山真一 

キャスト

(C)北白川派

場面

予告編


     

解説

「おくりびと」の小山薫堂がプロデューサーを務め、「カミハテ商店」の山本起也が監督した熊本・天草を舞台にしたドラマ。天草の寂れた商店街に、オレオレ詐欺の旅を続ける若い男が流れ着く。老女・艶子はその男を孫として招き入れ、奇妙な共同生活が始まる。出演は、「佐々木、イン、マイマイン」の藤原季節、本作が遺作となった「黒い画集 あるサラリーマンの証言」の原知佐子。第24回富川国際ファンタスティック映画祭ワールドファンタスティック・ブルー NETPAC Award Special Mention受賞。京都芸術大学映画学科劇場公開映画制作プロジェクト・北白川派第7弾。

あらすじ

熊本・天草の寂れた商店街に、オレオレ詐欺の旅を続ける若い男(藤原季節)が流れ着く。老女・山西艶子(原知佐子)は、男を孫の“将太”として招き入れる。温かい風呂や孫が好きなおいしい料理、そして優しいばあちゃんの存在に、男は“将太”として艶子と奇妙な共同生活を送るようになる。地元FM局のパーソナリティ、堀川清ら(杉原亜美)は、昔の天草の8ミリ映像や写真を集め、商店街の映画館で上映する上映会を企画する。“将太”もひょんなことから、その企画チームに参加することになる。清らは、賑わいのあったころの天草・銀天街の記憶を取り戻そうと夢中になる。“将太”はかつての銀天街の痕跡を探していて、艶子の持っていた古い家族アルバムに一枚の写真を見つける。街に流れるブルースハープの音色と共に、スクリーンに天草のかつての記憶、本渡の大火、焼け跡を片付ける町の人々、復興後の祭りの様子が映し出される……。

関連するキネマ旬報の記事

2021年6月下旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「のさりの島」

2021年6月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「のさりの島」