男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

AWAKE

  • あうぇいく
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    75.0点(75人)

  • 観たひと

    104

  • 観たいひと

    16

  • レビューの数

    17

基本情報

ジャンル 青春 / ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2020/12/25
上映時間 119分
製作会社 木下グループ(制作:キノフィルムズ/制作協力:ザフール)
配給 キノフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督山田篤宏 
脚本山田篤宏 
製作総指揮木下直哉 
エグゼクティブ・プロデューサー武部由実子 
プロデューサー菅野和佳奈 
PC画面制作北郷弘行 
撮影今井哲郎 
美術小坂健太郎 
装飾櫻井啓介 
音楽佐藤望 
音楽プロデューサー杉田寿宏 
録音渡辺丈彦 
音響効果渋谷圭介 
照明酒井隆英 
衣裳松下麗子 
ヘアメイク小坂美由紀 
アソシエイトプロデューサー新野安行 
ラインプロデューサー氏家英樹 
演技事務平藪明香 
制作担当米田伸夫 
助監督五藤陵 
視覚効果豊直康 

キャスト

(C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ

場面

予告編


     

解説

第1回木下グループ新人監督賞グランプリ受賞作の映画化で、山田篤宏の商業映画デビュー作。かつて奨励会で棋士を目指しながらも、ライバルの陸に敗れ、夢を諦めた大学生の英一はある日、コンピュータ将棋に出会い、そのプログラム開発にのめり込んでいく。出演は「青くて痛くて脆い」の吉沢亮、「愛がなんだ」の若葉竜也、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の落合モトキ。

あらすじ

大学生の英一(吉沢亮)はかつて、日本将棋連盟の棋士養成機関・奨励会に所属し、棋士を目指していた。だが、降格すれば奨励会を去らなければならない大一番で、同世代の中で圧倒的な強さと才能を誇る陸(若葉竜也)に敗北。プロの道を諦めた英一は、普通の学生に戻ろうと、大学に入学したのだった。ところが、幼少時から将棋しかしてこなかった英一が、急に社交的になれるはずもなかった。ぎこちない学生生活を始めたものの、なかなか友人もできないまま。そんなある日、ふとしたことからコンピュータ将棋と出会う。独創的で強い。まさに自分の理想とする将棋を繰り出す元となるプログラミングに心を奪われた英一は早速、AI研究会の扉を叩く。そこで、変わり者の先輩・磯野(落合モトキ)の手ほどきを受けることに。自分の手で生んだソフトを強くしたい……。生まれて初めて将棋以外の目標を見つけ、プログラム開発にのめり込んでいく英一。数年後、コンピュータ将棋の大会で優勝した英一は、棋士と対局する電王戦出場の依頼を受ける。最初はその申し出を拒否するが、相手がかつてのライバル・陸だと知り……。

関連するキネマ旬報の記事

キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT Vol.35 岩田剛典「名も無き世界のエンドロール」

SPECIAL ISSUE② 今、観てほしい映画:Face of 2021-1 何回かの「覚醒」を経て吉沢亮が跳ぶ2021年 「Awake」

2021年1月上・下旬合併号

グラビアインタビュー 吉沢亮「AWAKE」:

REVIEW 日本映画&外国映画:「AWAKE」

2020年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「AWAKE」