男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

アーニャは、きっと来る

  • あーにゃはきっとくる
  • WAITING FOR ANYA
  • WAITING FOR ANYA
  • 平均評点

    73.3点(68人)

  • 観たひと

    88

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル 戦争 / ヒューマン / ドラマ
製作国 イギリス=ベルギー
製作年 2019
公開年月日 2020/11/27
上映時間 109分
製作会社 Goldfinch Family Films
配給 ショウゲート
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)Goldfinch Family Films Limited 2019

場面

予告編


     

解説

「戦火の馬」の原作者マイケル・モーパーゴの児童文学を映画化。1942年、ナチス占領下のフランス。小さな村に住む13歳の少年ジョーは、ユダヤ人のベンジャミンと出会い、子どもたちを秘密裏にスペインへ逃がすという彼の計画に協力することに……。出演は『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のノア・シュナップ、「霧の中の少女」のジャン・レノ。

あらすじ

1942年、ナチス占領下のフランス。ピレネー山脈の麓の小さな村に住む13歳の少年ジョー(ノア・シュナップ)は、生活の大半を羊飼いとして過ごしていた。そんなある日、彼が出会ったのは、ユダヤ人のベンジャミン。ベンジャミンは、ユダヤ人の子どもたちを秘密裏に安全なスペインへ逃がすという危険な計画を企てていた。そして、その計画を手伝うことになるジョー。その一方でジョーは、個人的な悲しみの感情を共有することで、ドイツ軍の下士官とも親しくなっていた。ドイツの労働収容所から帰国したジョーの父親は荒れていたが、ジョーのユダヤ人救出作戦への関与が明らかになると、協力を約束。村人たち一丸となって子どもたちを逃す日が迫ってくるが、ベンジャミンが待つ娘アーニャがやって来ない。救出作戦は成功するのか……?そして、アーニャは村に現れるのか……?

関連するキネマ旬報の記事

2020年12月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「アーニャは、きっと来る」

REVIEW 日本映画&外国映画:「アーニャは、きっと来る」