男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

メカニカル・テレパシー

  • めかにかるてれぱしー
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    50.7点(3人)

  • 観たひと

    3

  • 観たいひと

    2

  • レビューの数

    2

基本情報

ジャンル SF / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2020/10/9
上映時間 78分
製作会社
配給 アルミード
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ドルビーSRD/ドルビーSR/DTS
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督五十嵐皓子 
脚本五十嵐皓子 
撮影中瀬慧 
美術松本真太朗 
音楽宇波拓 
録音川崎彰人 
音響川口陽一 
照明加藤大輝 
編集和泉陽光 
五十嵐皓子 
衣装蔭木いづみ 
ヘアメイク榎本愛子 
制作担当清水美和 
根本克也 
助監督吉原裕幸 
VFX守屋雄介 

キャスト

出演吉田龍一 真崎
白河奈々未 三島碧
申芳夫 三島草一
伊吹葵 アスミ
青山雪菜 理事長
石田清志郎 水沢
時光陸 
松井綾香 
長尾理世 
竹中博文 
出演(声)古内啓子 

(C)Akiko Igarashi

場面

予告編


     

解説

日本芸術センター第10回映像グランプリ優秀映画賞を受賞したSFドラマ。ある大学の研究室で、草一は心を可視化する機械の開発中に事故で意識不明となる。共同研究者で妻の碧が開発を続け、草一の心の可視化を試みるなか、大学側は真崎を研究室に送り込む。出演は、「インフォ・メン 獣の笑み、ゲスの涙。」の吉田龍一、「舞姫 ディーヴァ」の白河奈々未、「ハッピーアワー」の申芳夫。監督・脚本は、本作が初長編監督作品となる五十嵐皓子。

あらすじ

ある大学の研究室で、心を可視化する機械の開発が行われていた。その実験中に事故が起こり、開発者の三島草一(申芳夫)が意識不明のまま目覚めなくなる。共同研究者で草一の妻である碧(白河奈々未)は開発を続け、草一の心の可視化を試みる。大学側は成果を出さない開発を疎ましく思い、機械の調査という名目で、真崎トオル(吉田龍一)を研究室に送り込む。真崎はそこで、可視化された草一を目の当たりにする。真崎が目にした人物は、可視化された草一の心なのか? それとも碧の願望が可視化されたのか? 真崎は徐々に碧に惹かれながら、本当に重要なことに気づいていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「メカニカル・テレパシー」

REVIEW 日本映画&外国映画:「メカニカル・テレパシー」