男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ソニア ナチスの女スパイ

  • そにあなちすのおんなすぱい
  • SPIONEN
  • THE SPY
  • 平均評点

    67.9点(37人)

  • 観たひと

    55

  • 観たいひと

    15

  • レビューの数

    13

基本情報

ジャンル 伝記 / 戦争 / サスペンス・ミステリー
製作国 ノルウェー
製作年 2019
公開年月日 2020/9/11
上映時間 110分
製作会社 Scope Pictures=B-Reel Films=Film i Vast=Nordisk Film
配給 東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C)2019, The Spy AS BR・F, Film i Vast, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark -All rights reserved

場面

予告編


     

解説

スパイとしてナチスに潜入した女優の実話を映画化。ナチス占領下のノルウェーで、ナチスの国家弁務官テアボーフェンは、女優ソニアをプロパガンダに利用しようと画策する。一方、ソニアは隣国スウェーデンから、スパイとしてナチスに潜入するよう要請される。出演は、「ヘラクレス」のイングリッド・ボルゾ・ベルダル、「ダウンサイズ」のロルフ・ラスゴード、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のアレクサンダー・シェーア、「プラネタリウム」のダミアン・シャペル。監督は、ノルウェーの俊英イェンス・ヨンソン。脚本は、「ヒトラーに屈しなかった国王」のハラール・ローセンローヴ=エーグとヤン・トリグヴェ・レイネランド。

あらすじ

第二次世界大戦中、ナチス占領下のノルウェー。ナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェン(アレクサンダー・シェーア)は、女優として活躍していたソニア・ヴィーゲット(イングリッド・ボルゾ・ベルダル)の人気に目を付け、彼女をプロパガンダに利用しようとする。そのころ、ノルウェーの隣国スウェーデンは、戦線を拡大させて諸国に侵攻していくナチ・ドイツを警戒し、情報収集に躍起になっていた。そこで、スウェーデンの諜報部は、ソニアにスパイとしてナチスに潜入するよう要請する。ソニアは、一度はその要請を拒否するが、逮捕された父親を解放させるため、テアボーフェンに接近して彼の邸宅への潜入に成功する。ソニアは次第にテアボーフェンの寵愛を受け、信頼も得るようになる。そんなある日、テアボーフェンから、ナチスのスパイとして北欧諸国の情報を収集するよう依頼される……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ソニア ナチスの女スパイ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ソニア ナチスの女スパイ」