男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ライド・ライク・ア・ガール

  • らいどらいくあがーる
  • RIDE LIKE A GIRL
  • RIDE LIKE A GIRL
  • 平均評点

    77.3点(150人)

  • 観たひと

    210

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    36

基本情報

ジャンル 伝記 / ドラマ
製作国 オーストラリア
製作年 2019
公開年月日 2020/7/17
上映時間 98分
製作会社
配給 イオンエンターテイメント
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2019 100 to 1 Films Pty Ltd

解説

実在の女性騎手ミシェル・ペインの半生を映画化。10人兄弟の末娘として生まれたミシェルは、生後半年のころに交通事故で母を亡くす。調教師の父をはじめ兄弟のほとんどが騎手という一家で、ミシェルも騎手としてデビューするが、落馬で大怪我に見舞われる。出演は、「ハクソー・リッジ」のテリーサ・パーマー、「ジュラシック・パーク」シリーズのサム・ニール。「ミュリエルの結婚」の女優レイチェル・グリフィスによる初長編映画監督作品。

あらすじ

10人兄弟の末娘として生まれたミシェル・ペイン(テリーサ・パーマー)は、生後半年のころに交通事故で母を亡くすが、父(サム・ニール)や兄弟に囲まれ、健やかに成長する。調教師の父をはじめ、兄弟のほとんどが騎手という競馬一家であるペイン家に生まれたミシェルも、思春期には騎手になることを強く願うようになる。こうして華々しいデビューを飾るが、落馬によって騎手生命を左右するような大怪我に見舞われる……。やがてミシェルは亡き母と家族の想いを胸に、女性騎手では勝てないとされてきたオーストラリア競馬最高の栄誉・メルボルンカップに挑む。

関連するキネマ旬報の記事

2020年7月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ライド・ライク・ア・ガール」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ライド・ライク・ア・ガール」