男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

アイヌモシリ

  • あいぬもしり
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    72.4点(54人)

  • 観たひと

    77

  • 観たいひと

    12

  • レビューの数

    15

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020/10/17
上映時間 84分
製作会社 シネリック・クリエイティブ=ブースタープロジェクト(共同製作:日本映画専門チャンネル)
配給 太秦
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督福永壮志 
脚本福永壮志 
エグゼクティブプロデューサー中林千賀子 
宮川朋之 
葛小松 
項涛 
ジャッド・エールリッヒ 
プロデューサーエリック・ニアリ 
三宅はるえ 
共同プロデューサー福永壮志 
ドナリ・プラクストン 
ジョシュ・ウィック 
撮影監督ショーン・プライス・ウィリアムズ 
装飾野村哲也 
音楽クラリス・ジェンセン 
OKI 
共同プロデューサー朱毅飛 
録音西山徹 
整音トム・ポール 
照明ジャック・フォスター 
編集出口景子 
福永壮志 
制作担当星野友紀 
チーフ助監督空音央 

キャスト

(C)AINU MOSIR LLC/Booster Project

場面

予告編


     

解説

現代のアイヌ民族の姿を映し、第19回トライベッカ映画祭コンペティション国際長編部門審査員特別賞に輝いた人間ドラマ。アイヌコタンで暮らす少年カントは父を亡くしてからアイヌ文化から遠ざかっていた。デボはアイヌの精神や文化について教えていくが……。監督は、デビュー作「リベリアの白い血」が第65回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品された福永壮志。主人公・カント役の下倉幹人はじめ、アイヌの血を引く人たちが主要キャストを務め、三浦透子やリリー・フランキーらがゲスト出演している。

あらすじ

アイヌ民芸品店を営む母エミと北海道阿寒湖畔のアイヌコタンで暮らす14 歳のカントは、アイヌ文化に触れながら育ったが、一年前に父親を亡くしたことをきっかけにアイヌの活動に参加しなくなってしまった。アイヌ文化から距離を置く一方、友人たちと組んだバンドの練習に熱中。来年中学を卒業したら、高校進学のため故郷を離れる予定でいる。亡き父の友人でアイヌコタンの中心的存在であるデボはそんなカントを自給自足のキャンプに連れて行き、自然の中で育まれたアイヌの精神や文化について教えていく。少しずつ理解を示すカントの様子を見て、デボは密かに育てている子熊の世話を彼に任せることに。カントは子熊を世話するうちに愛着を深めていくが、デボは長年行われずにいる熊送りの儀式イオマンテを復活させるために子熊を飼育しており……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「アイヌモシリ」

2020年10月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「アイヌモシリ」