男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

レイニーデイ・イン・ニューヨーク

  • れいにーでいいんにゅーよーく
  • A RAINY DAY IN NEW YORK
  • A RAINY DAY IN NEW YORK
  • 平均評点

    75.6点(290人)

  • 観たひと

    422

  • 観たいひと

    58

  • レビューの数

    63

基本情報

ジャンル ラブロマンス / コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2019
公開年月日 2020/7/3
上映時間 92分
製作会社
配給 ロングライド(提供:バップ =シネマライズ=ロングライド)
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

Photography by Jessica Miglio (C)2019 Gravier Productions, Inc.

場面

予告編


     

解説

マンハッタンを舞台に、運命のいたずらに翻弄される男女の姿を見つめるウディ・アレン監督作。生粋のニューヨーカーであるギャツビーとアリゾナ出身の無垢なガールフレンド、アシュレーの大学生カップルは、ロマンチックな週末を過ごそうとしていたのだが……。出演は「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ、「マレフィセント」シリーズのエル・ファニング、「スプリング・ブレイカーズ」のセレーナ・ゴメス、「キング・アーサー」のジュード・ロウ。

あらすじ

大学生カップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。アシュレーが学校の課題で、著名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをするという。生粋のニューヨーカーであるギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャッツビーは、自分好みのクラシックなスポットを巡るため、様々なプランを考えていた……。一方、ニューヨークに到着して早速、監督へ取材を行ったアシュレーはポラードから新作の試写に誘われ、ギャツビーとの約束をキャンセル。脚本家のテッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ)や、人気俳優のフランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)と出会い、「最高の一日だわ」と興奮するばかり。そんななか、ギャツビーは、学生映画を撮影中の旧友に偶然再会。元恋人の妹であるチャン(セレーナ・ゴメス)とのキスシーンにエキストラとして参加し、熱い口づけを交わしてしまう……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「レイニー・デイ・イン・ニューヨーク」

2020年7月上旬号

ウディ・アレンの夢の中へ「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「レイニー・デイ・イン・ニューヨーク」