男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ひびきあうせかい RESONANCE

  • ひびきあうせかいれぞなんす
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    0.0点(0人)

  • 観たひと

    0

  • 観たいひと

    1

  • レビューの数

    0

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2020/9/5
上映時間 70分
製作会社 映画『ひびきあうせかい』パートナーズ (制作:歌島舎)
配給 歌島舎(配給協力:シネマ尾道)
レイティング
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声 ステレオ
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2019 Utashimasya

場面

解説

音楽家の青柳拓次が2013年から始めた音楽プロジェクト、サークルボイスを取り上げたアート映画。音楽を用いて国境を越えた調和を生み出すアイディアから生まれた、人々が輪になり声を重ねる参加型イベント、サークルボイス。そんな彼の旅に映像と音が寄り添う。青柳拓次は出演するほか、楽曲・サウンドデザインも手がけた。監督は、「スーパーローカルヒーロー」の田中トシノリ。

あらすじ

ギタリストの祖父と母のもと、東京で生まれ育った拓次。自らも音楽家となり、二人の娘を持つ父親となった彼は、人と自然が分断され常に変わりゆく近代都市から沖縄に移住することに。そんな彼は、音楽を用いて国境を越えた調和を生み出すことを思いつく。それは、ヨーロッパでギターを学んだ祖父が夢見ていたこととも通じていた。拓次は世界を巡り、現地の音楽家達と共に、人々が一つの場所に集い、輪になって、声を重ね合わせる参加型のイベント・サークルボイスを始める。人々が声を響かせ合う、その時だけに紡ぎ出される平和な世界。それは儚い瞬間のものだが、そこにいる私たちの存在を力強く肯定してくれる。時に分断も生み出すことのある“コトバ”を超えたところで人々はどのように理解し認めあうことが出来るのか。映像と音は青柳拓次の旅に寄り添いながら、沖縄、東京、ミュンヘン、ライプツィヒ、過去、未来へと旅していき……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年9月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ひびきあうせかい RESONANCE」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ひびきあうせかい RESONANCE」