男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

今宵、212号室で

  • こよいにひゃくじゅうにごうしつで
  • CHAMBRE 212
  • ON A MAGICAL NIGHT
  • 平均評点

    70.0点(28人)

  • 観たひと

    47

  • 観たいひと

    20

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ラブロマンス / ドラマ
製作国 フランス=ルクセンブルク=ベルギー
製作年 2019
公開年月日 2020/6/19
上映時間 87分
製作会社
配給 ビターズ・エンド
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演キアラ・マストロヤンニ Maria Mortemart
ヴァンサン・ラコスト Richard Warrimer 20 ans
カミーユ・コッタン Irène Haffner 40 ans
バンジャマン・ビオレ Richard Warrimer 40 ans
特別出演キャロル・ブーケ Irène Haffner 60 ans

(C)Les Films Pelleas/Bidibul Productions/Scope

場面

予告編


     

解説

シャンソンの名曲にのせてパリのホテルで繰り広げられる軽妙洒脱なラブ・ストーリー。夫と喧嘩したマリアは、一晩だけアパルトマンの真向かいのホテルで過ごすことに。すると20年前の夫をはじめ、歴代の元カレたちが次々と登場、不思議な一夜が幕を開ける……。主人公マリアを演じるのは、本作で第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門最優秀演技賞を受賞したキアラ・マストロヤンニ。共演は「アマンダと僕」のヴァンサン・ラコスト、「マリアンヌ」のカミーユ・コッタン。監督は「愛のあしあと」のクリストフ・オノレ。

あらすじ

司法・訴訟史が専門の大学教授マリア(キアラ・マストロヤンニ)は、付き合って25年、結婚して20年になるリシャール(バンジャマン・ビオレ)と二人暮らし。今ではすっかり“家族”になってしまった夫には内緒で、マリアは浮気を重ねていた。だが、ある日ついにリシャールにバレてしまい、怒った彼と距離を置くため、マリアは一晩だけアパルトマンの真向かいにあるホテルの212号室で過ごすことに。窓越しに夫の様子を眺めるマリア。すると、突如20年前の姿をしたリシャール(ヴァンサン・ラコスト)が現れ、さらには元カレたちも次々と登場、愛の魔法にかかった不思議な一夜が幕を開ける……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「今宵、212号室で」

REVIEW 日本映画&外国映画:「今宵、212号室で」