男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ANNA アナ

  • あな
  • ANNA
  • ANNA
  • 平均評点

    74.6点(425人)

  • 観たひと

    555

  • 観たいひと

    30

  • レビューの数

    73

基本情報

ジャンル アクション / ドラマ
製作国 フランス=アメリカ
製作年 2019
公開年月日 2020/6/5
上映時間 119分
製作会社
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督リュック・ベッソン 
脚本リュック・ベッソン 
製作リュック・ベッソン 
マーク・シュミューガー 
撮影監督ティエリー・アルボガスト 
プロダクションデザイナーユーグ・ティサンディエ 
音楽エリック・セラ 
編集ジュリアン・レイ 
衣裳デザインオリヴィエ・ベリオ 
スタント&ファイト・コレオグラファーアラン・フィグラルツ 
日本語字幕佐藤恵子 

キャスト

(C)2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

解説

リュック・ベッソンが製作・監督・脚本を務め、女暗殺者の死闘を描いたアクション。1990年、ソ連諜報機関KGBの女暗殺者アナは、数々の任務を遂行する一方、持ち前の美貌でトップモデルに上り詰める。だがある日、米国のCIAの罠に落ちてしまう。主演は数々の高級ブランドのモデルを務めるロシア出身のスーパーモデル、サッシャ・ルス。「ワイルド・スピード ICE BREAK2」のルーク・ウィルソン、「ダンケルク」のキリアン・マーフィ、「グッドライアー 偽りのゲーム」のヘレン・ミレンが共演。

あらすじ

1990年、モスクワ。パリのモデル事務所にスカウトされてデビューした大学生のアナ(サッシャ・ルス)は、たちまち売れっ子となる。やがて事務所の共同経営者のオレグと付き合い始めるが、武器商人というオレグの裏の顔を知ったアナは、隠していた銃で容赦なくその頭を撃ち抜く。実はアナの正体は、ソ連の諜報機関KGBが生み出した殺し屋だった。3年前、モスクワで恋人と共にクスリに溺れる日々を過ごしていたアナは、堕落した生活にピリオドを打つため、海軍に志願。そこで、彼女の陸軍士官学校時代の成績に目を止めたKGBの捜査官アレクセイ(ルーク・エヴァンス)から、“軍事訓練1年、現場勤務4年、その後は自由”という仕事をオファーされる。1年後、過酷な訓練をクリアしたアナは、アレクセイから上官のオルガ(ヘレン・ミレン)を紹介される。オルガから“レストランで食事中のマフィアのボスから5分で携帯電話を奪う”というテストを受けさせられ、窮地に陥りながらも任務を遂行。無事に正式採用となる。その最初の任務が、オレグの暗殺だった。以後、オルガの指示の下、次々と国家の邪魔者を消していくアナ。同時に、その美貌を駆使してトップモデルへと上り詰めていく。だが、“5年で自由”という最初の約束がウソだったことを知り、ショックを受けたアナはある日、米国のCIAの罠に落ちる。捜査官のレナード(キリアン・マーフィ)から、寝返りを迫られたアナは、“1年で自由。ハワイで保護”との条件を飲む。アナに惹かれたレナードのスマートな対応で、二重スパイとしての任務は問題なく進行。ところがやがて、アナはレナードから、3年かけて計画した“KGB長官暗殺作戦”への参加を求められる。それは、KGB壊滅を狙ったものだった。果たして、成功確率0%の究極のミッションを前に、必ず生き抜くと誓ったアナが見つけた2大組織を出し抜く道とは……?

関連するキネマ旬報の記事

2020年6月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ANNA/アナ」

2020年5月上・下旬合併号

UPCOMING 新作紹介:「ANNA アナ」