男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

はちどり

  • はちどり
  • 벌새
  • HOUSE OF HUMMINGBIRD
  • 平均評点

    78.8点(491人)

  • 観たひと

    668

  • 観たいひと

    77

  • レビューの数

    102

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 韓国=アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2020/6/20
上映時間 138分
製作会社
配給 アニモプロデュース(提供:アニモプロデュース=朝日新聞社)
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

出演パク・ジフ Eun-hee
キム・セビョク Kim Yeong-ji
イ・スンヨン Eun-he's mom
チョン・インギ Eun-he's dad
パク・スヨン Soo-hee
キル・ヘヨン Yeong-ji's mom

(C) 2018 EPIPHANY FILMS. All Rights Reserved.

解説

第69回ベルリン国際映画祭ジェネレーション14plus部門グランプリを獲得した人間ドラマ。14歳のウニは学校に馴染めずにいるが、両親には子供たちの心と向き合う余裕がない。孤独な思いを抱える彼女の前に、初めて自分の人生を気にかけてくれる大人が現れ……。キム・ボラ監督は初長編作品である本作に自身の少女時代の体験を投影させ、1990年代のソウルを舞台に思春期の少女の揺れる思いと家族との関わりを描いた。

あらすじ

1994年、空前の経済成長を遂げる韓国のソウル。両親、姉、兄と共に集合団地に暮らす14歳のウニは、学校に馴染めず、違う学校に通う親友と遊んだり、男子学生や後輩の女子とデートをしたりして過ごしていた。小さな餅屋を切り盛りする両親には子供たちと向き合う余裕はなく、父は長男である兄に期待。しかしその兄は親の目を盗みウニに暴力を振るっていた。そんな中、ウニが通っている漢文塾に、どこか不思議な雰囲気を漂わせる女性教師ヨンジがやってくる。ウニは自分の話に耳を傾けてくれるヨンジに心を開いくように。入院したウニの見舞いに訪れたヨンジは、誰かに殴られたら黙っていてはいけないと静かに励ました。ある朝、ソンス大橋が崩落。いつも姉が乗るバスが橋を通過する時間帯での出来事だった。まもなく、ヨンジから一通の手紙と小包がウニの元に届き……。

関連するキネマ旬報の記事

2022年2月上旬号

読者の映画評:「パワー・オブ・ザ・ドッグ」浅間雅彦/「はちどり」UCOCO./「ボクたちはみんな大人になれなかった」吉田伴内

2021年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2020年 第94回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:外国映画ベスト・テン

2020年 第94回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2020年9月下旬号

読者の映画評:「はちどり」佐藤伸至/「アルプススタンドのはしの方」小宮山碧/「17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン」

2020年8月下旬号

読者の映画評:「千と千尋の神隠し」菅原道子/「アングスト/不安」加藤圭子/「はちどり」星野市子

2020年5月上・下旬合併号

広い 深い 厚い アジア映画が尽きない:【韓国映画―女性監督の新時代】 「はちどり」キム・ボラ[監督]インタビュー

UPCOMING 新作紹介:「はちどり」

REVIEW 日本映画&外国映画:「はちどり」