男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ

  • むひかせかいでいちばんまずしいだいとうりょうからにほんじんへ
  • ----
  • ----
  • 平均評点

    74.4点(29人)

  • 観たひと

    50

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    9

基本情報

ジャンル ドキュメンタリー
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020/10/2
上映時間 98分
製作会社 フジテレビ=ネツゲン=関西テレビ
配給 KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ ビデオ 他
音声 ステレオ
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督田部井一真 
プロデュース濱潤 
企画濱潤 
プロデューサー大島新 
堀治樹 
撮影中島大樹 
音楽石崎野乃 
主題歌(作曲・編曲)森山直太朗 
主題歌三浦透子 
編集大山幸樹 

キャスト

(C) 2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会

場面

予告編


     

解説

ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカに、日本人若手監督が迫るドキュメンタリー。2012年、国連会議で現代の消費社会を痛烈に批判し、人類にとっての幸せとは何かを問うたホセ・ムヒカ。そんな彼の生き方や言葉に触れながら、日本との知られざる関係を紐解いていく。ナレーションは「万引き家族」の安藤サクラ。

あらすじ

2012年、当時のウルグアイ大統領ホセ・ムヒカは、リオデジャネイロで開かれた国連会議で、先進国の大量消費社会を強く、しかし優しい口調で批判し、その名を世に知らしめた。2010年から5年間、ウルグアイの大統領を務めたムヒカは、収入の大半を寄付。公邸に住むことを拒み、愛妻と愛犬と共に小さな農場で質素な暮らしを続けた。そんな姿から、いつしか“世界でいちばん貧しい大統領”と呼ばれるようになった。国連会議のスピーチ動画が瞬く間に世界中で話題となり、田部井監督は当時ディレクターを務めていたテレビ番組で彼を取り上げることに。ウルグアイへ渡った監督は一度も日本を訪れたことのないムヒカが、日本の歴史や文化にとても詳しいことを知る。その後も、何度もウルグアイへと渡り、大統領退任後のムヒカへの取材を重ねていくのだった。そして、ムヒカの言葉に心を動かされた監督は多くの日本人にムヒカの言葉を聞いてほしいと願うようになり、ムヒカも訪日を熱望。絵本の出版社の協力を得て、彼の来日が実現する……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年4月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」