男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ワイルド・ローズ

  • わいるどろーず
  • WILD ROSE
  • WILD ROSE
  • 平均評点

    77.5点(86人)

  • 観たひと

    125

  • 観たいひと

    33

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2018
公開年月日 2020/6/26
上映時間 102分
製作会社 Fable Pictures
配給 ショウゲート
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声 5.1ch
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) Three Chords Production Ltd/The British Film Institute 2018

場面

予告編


     

解説

実在の人物をモデルに、カントリー歌手を目指すシングルマザーが、その卓越した歌唱力で夢に近付いていく様を映す音楽ドラマ。アメリカで歌手として成功を夢みるローズ。だが、不器用にしか生きられない彼女は、愛する母や幼い2人の子供たちを時に傷つけてしまう。出演は「ジュディ 虹の彼方に」のジェシー・バックリー、「ホテル・ルワンダ」のソフィー・オコネドー、「ブルックリン」のジュリー・ウォルターズ。監督は「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」のトム・ハーパー。

あらすじ

溢れる才能とカリスマ性、大胆さを持つシングルマザーのローズ=リン・ハーラン(ジェシー・バックリー)は、故郷のスコットランドからアメリカに渡り、カントリー歌手としての成功を夢みていた。だが、刑務所から出たばかりで、幼い2人の子供を抱える彼女にとって夢の舞台はあまりにも遠い場所であった。不器用にしか生きられない彼女は、夢を追い求めるあまり、愛する母マリオン(ジュリー・ウォルターズ)や子供たちを時に傷つけてしまう。そんななか、ローズは資産家のスザンナ(ソフィー・オコネドー)の家で家政婦として働き始める。彼女の歌を聞いたスザンナは、その才能に感銘を受け、ローズを応援するのだった。やがて訪れた夢の舞台への大きなチャンス。夢か家族か、葛藤するローズがたどり着いた答えとは……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年7月下旬号

夢、家族、そして音楽ー「ワイルド・ローズ」:インタビュー ジェシー・バックリー

夢、家族、そして音楽ー「ワイルド・ローズ」:作品評

2020年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ワイルド・ローズ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ワイルド・ローズ」