男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

エジソンズ・ゲーム

  • えじそんずげーむ
  • THE CURRENT WAR: DIRECTOR'S CUT
  • THE CURRENT WAR: DIRECTOR'S CUT
  • 平均評点

    69.6点(335人)

  • 観たひと

    482

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    58

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2019
公開年月日 2020/6/19
上映時間 108分
製作会社
配給 KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.

解説

19世紀、誕生間もない電気の覇権を巡って繰り広げられた“電流戦争”を豪華キャストで映画化。安全な直流方式での送電を主張する発明王エジソンと、効率的な交流方式を主張する実業家ウェスティングハウス。訴訟や駆け引き、裏工作の末に勝利するのは……?出演は「1917 命をかけた伝令」のベネディクト・カンバーバッチ、「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」のマイケル・シャノン、「トールキン 旅のはじまり」のニコラス・ホルト、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のトム・ホランド。監督は「ぼくとアールと彼女のさよなら」のアルフォンソ・ゴメス=レホン。

あらすじ

19世紀、アメリカは電気の誕生による新時代を迎えようとしていた。白熱電球の事業化を成功させたトーマス・エジソン(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天才発明家と崇められていたが、大統領からの仕事も平気で断る傲慢な男だった。一方、裕福な実業家ジョージ・ウェスティングハウス(マイケル・シャノン)は、大量の発電機が必要なエジソンの“直流”よりも、遠くまで電気を送れて安価な“交流”の方が優れていると主張。若手発明家のニコラ・テスラ(ニコラス・ホルト)も、効率的な“交流”の活用をエジソンに提案するが、一蹴されてしまう。しかし、その間に“交流”式送電の実演会を成功させ、話題をさらうウェスティングハウス。そのニュースにエジソンは激怒、「危険な“交流”は人を殺す」と、ネガティブキャンペーンで世論を誘導していく。こうして幕を開ける世紀の“電流戦争”。互いに訴訟や駆け引き、裏工作を繰り広げる中、ウェスティングハウスはエジソンと決裂したテスラに接近していく。果たして、このビジネスバトルを制するのはどちらなのか……?

関連するキネマ旬報の記事

2020年4月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「エジソンズ・ゲーム」

2020年4月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「エジソンズ・ゲーム」