男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

チャーリーズ・エンジェル(2019)

  • ちゃーりーずえんじぇる
  • CHARLIE'S ANGELS
  • CHARLIE'S ANGELS
  • 平均評点

    69.5点(403人)

  • 観たひと

    582

  • 観たいひと

    31

  • レビューの数

    74

基本情報

ジャンル アクション / サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2019
公開年月日 2020/2/21
上映時間 118分
製作会社
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

予告編


     

解説

2000年代の人気アクション映画シリーズを、世代も時代設定も一新し再映画化。特殊訓練を受けたエリート女性エージェント組織、通称“チャーリーズ・エンジェル”に新人エレーナが加入する。その矢先、新開発のエネルギーが兵器化されるという情報が入る。出演は、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワート、「アラジン」のナオミ・スコット、イギリスの新星エラ・バリンスカ。監督・出演は、「ピッチ・パーフェクト」シリーズのエリザベス・バンクス。

あらすじ

国際機密企業チャーリー・タウンゼント社で特殊訓練を受けたエリート女性エージェント組織、通称“チャーリーズ・エンジェル”は、世界各地に拠点を置き、平和を見守る天使=“エンジェル”として隠密に活動している。姿を見せないチャーリーに代わり、ボスレー(エリザベス・バンクス)が彼女たちにミッションを与える。新たにハッキングやプログラミングを得意とするエレーナ(ナオミ・スコット)がスカウトされ、3人になったエンジェルたち。そのしなやかな肉体であらゆる武器を自在に操る元MI6のジェーン(エラ・バリンスカ)、変装のプロであるサビーナ(クリステン・スチュワート)に加え、新人エレーナが一流エージェントへの道を歩み始めたとき、新開発のエネルギーが兵器化されるという情報が入る。新生エンジェルたちはそれを阻止すべく、命懸けのミッションに挑む。

関連するキネマ旬報の記事

2020年4月上旬号

巻頭特集 覚醒!ヒロイン・アクション 映画を漲らせる女たち 2020:CHAPTER 02 ヒロイン・アクション映画を迎え撃て! 番外編「チャーリーズ・エンジェル」

2020年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「チャーリーズ・エンジェル」