男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ラーヤと龍の王国

  • らーやとりゅうのおうこく
  • RAYA AND THE LAST DRAGON
  • RAYA AND THE LAST DRAGON
  • 平均評点

    77.1点(116人)

  • 観たひと

    157

  • 観たいひと

    18

  • レビューの数

    21

基本情報

ジャンル アニメーション / 冒険 / ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 2021
公開年月日 2021/3/5
上映時間 107分
製作会社 Walt Disney Pictures=Walt Disney Animation Studios
配給 ディズニー
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

(C) 2021 Disney. All Rights Reserved. (C) 2021 Disney and its related entities

場面

予告編


     

解説

「ベイマックス」のドン・ホール監督と「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督がタッグを組んだアニメ。龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、分断された世界を再び一つにするため、旅に出る。「モアナと伝説の海」のオスナット・シューラー、「アナと雪の女王」シリーズのピーター・デル・ヴェッコが製作に参加。人を信じることができず一人で生きてきたラーヤの戦いと成長を描く。

あらすじ

聖なる龍の力が宿るという龍の石の守護者一族の娘ラーヤは、幼い頃に父を失い、たった一人で生きてきた。彼女が住む龍の王国クマンドラは、以前は聖なる龍たちに守られた平和な王国だったが、突如邪悪な魔物ドルーンが現れ、ドルーンとの戦いによりすべての龍たちが犠牲に。残された人々は信じあう心を失い、王国は分断されてしまっていた。ラーヤは遠い昔に姿を消した“最後の龍”の力を蘇らせ、バラバラになった世界を再び一つにするため、一人旅立つ。

関連するキネマ旬報の記事

2021年4月上旬号

戯画日誌:第144回 ディズニーへの興味を再来させてくれた「ラーヤと龍の王国」

2021年3月下旬映画業界決算特別号

UPCOMING 新作紹介:「ラーヤと龍の王国」