男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ワンダーウーマン1984

  • わんだーうーまんいちきゅうはちよん
  • WONDER WOMAN 1984
  • WONDER WOMAN 1984
  • 平均評点

    72.5点(537人)

  • 観たひと

    758

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    94

基本情報

ジャンル SF / アクション / 冒険
製作国 アメリカ
製作年 2020
公開年月日 2020/12/18
上映時間 151分
製作会社 DC Films=The Stone Quarry=Mad Ghost Productions=Atlas Entertainment
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

キャスト

出演ガル・ガドット Diana Prince / Wonder Woman
クリステン・ウィグ Barbara Minerva / Cheetah
クリス・パイン Steve Trevor
ペドロ・パスカル Max Lord
コニー・ニールセン Hippolyta
ロビン・ライト Antiope

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & c DC Comics (C)2020 WBEI TM & c DC Comics

解説

最強の女戦士の活躍を描くアクション「ワンダーウーマン」(2017)の続編。スミソニアン博物館で働くダイアナには、ワンダーウーマンという別の顔があった。実業家マックスの陰謀と正体不明の敵チーターを前に、ワンダーウーマンは絶体絶命の危機に陥る。監督は前作に引き続き、「モンスター」のパティ・ジェンキンス。出演は、「ジャスティス・リーグ」のガル・ガドット、「オデッセイ」のクリステン・ウィグ、「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン、「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロビン・ライト。

あらすじ

スミソニアン博物館で働く考古学者ダイアナ(ガル・ガドット)には、ヒーロー界最強とも言われる桁外れのスーパーパワーを秘めた戦士・ワンダーウーマンというもう一つの顔があった。1984年、人々の欲望を叶えると声高に謳う実業家マックス(ペドロ・パスカル)の巨大な陰謀と、彼女の前に立ちはだかる正体不明の敵チーター(クリステン・ウィグ)と対峙することになったワンダーウーマンは、絶体絶命のピンチに陥る。ワンダーウーマンは、たった一人で世界を崩壊から救うことはできるのか?

関連するキネマ旬報の記事

2021年1月上・下旬合併号

「ワンダーウーマン 1984」を読む:寄稿

「ワンダーウーマン 1984」を読む:インタビュー パティ・ジェンキンス[監督]

2020年12月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ワンダーウーマン1984」

2020年8月上旬号

公開延期映画セレクション:「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」/「燃えよ剣」/「峠 最後のサムライ」/「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」/「オフィシャル・シークレット」/「フェアウェル」/「糸」/「騙し絵の牙」/「ステップ」/「甘いお酒でうがい」/「朝が来る」/「子供はわかってあげない」/「れいわ一揆」/「ミセス・ノイズィ」/「ワンダーウーマン1984」/「ブラック・ウィドウ」/「トップガン マーヴェリック」/「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」/「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」/「キネマの神様」

2020年4月上旬号

巻頭特集 覚醒!ヒロイン・アクション 映画を漲らせる女たち 2020:CHAPTER 02 ヒロイン・アクション映画を迎え撃て! その3「ワンダーウーマン 1984」