男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ

  • やねうらのさつじんきふりっつほんか
  • DER GOLDENE HANDSCHUH
  • THE GOLDEN GLOVE
  • 平均評点

    71.4点(90人)

  • 観たひと

    121

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    25

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / スリラー / ドラマ
製作国 ドイツ=フランス
製作年 2019
公開年月日 2020/2/14
上映時間 110分
製作会社
配給 ビターズ・エン ド
レイティング R-15
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathe Films S.A.S./Warner Bros. Entertainment GmbH

解説

ドイツ・ハンブルグで1970年代に実際に起きた連続殺人事件に基づく同名小説を映画化。安アパートの屋根裏に住むフリッツは、夜な夜な行きつけのバー“ゴールデン・グローブ”で孤独な女性に声を掛ける。一見無害そうに見える彼には、実は裏の顔があった。監督は、「女は二度決断する」のファティ・アキン。出演は、「僕たちは希望という名の列車に乗った」のヨナス・ダスラー、「パラダイス:愛」のマルガレーテ・ティーゼル、「マリア・ブラウンの結婚」のハーク・ボーム。第69回ベルリン国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

あらすじ

1970年代のドイツ・ハンブルグ。安アパートの屋根裏に住むフリッツ・ホンカ(ヨナス・ダスラー)は、夜な夜な寂しい男女が集まるバー“ゴールデン・グローブ”へやってきては、孤独な女性たちに近づいていた。しかし、彼に声を掛けられた女たちは、顔をしかめるだけだった。そんな一見無害そうに見えるフリッツを、怪物と疑う常連客はいなかった……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年3月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」

2020年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

UPCOMING 新作紹介:「屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ」