男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

読まれなかった小説

  • よまれなかったしょうせつ
  • AHLAT AGACI
  • THE WILD PEAR TREE
  • 平均評点

    77.2点(52人)

  • 観たひと

    65

  • 観たいひと

    29

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル ドラマ
製作国 トルコ=フランス=ドイツ=ブルガリア=マケドニア=ボスニア=スウェーデン=カタール
製作年 2018
公開年月日 2019/11/29
上映時間 189分
製作会社
配給 ビターズ・エンド
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(c)2018 Zeyno Film, Memento Films Production, RFF International, 2006 Production, Detail Film,Sisters and Brother Mitevski, FilmiVast, Chimney, NBC Film

場面

予告編


     

解説

カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した「雪の轍」のヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督が父と息子の軋轢と邂逅を描いた人間ドラマ。シナンは処女小説出版を目論み奔走するが、相手にされない。しかし誰にも読まれなかった小説が相容れない父との間を結び付ける。ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督は本作に知人父子の物語や自身の人生を反映させた。第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。第91回アカデミー賞外国語映画賞トルコ代表作品。

あらすじ

作家志望のシナンは、大学卒業後トロイ遺跡近くの故郷へ戻り、処女小説出版を目指し奔走するが、相手にする人は誰もいなかった。引退間際の教師で競馬好きの父イドリスとシナンは相いれずにいる。父と同じ教師になりこの小さな町で平凡に生きることを受け入れられないシナンは、気が進まぬまま教員試験を受ける。交わらぬように見えた二人を結び付けたのは、誰にも読まれなかったシナンの小説だった。

関連するキネマ旬報の記事

2019年12月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「読まれなかった小説」

2019年12月上旬号

「読まれなかった小説」:インタビュー ヌリ・ビルゲ・ジェイラン[監督]

「読まれなかった小説」:特別寄稿

UPCOMING 新作紹介:「読まれなかった小説」