男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

第三夫人と髪飾り

  • だいさんふじんとかみかざり
  • ----
  • THE THIRD WIFE
  • 平均評点

    75.0点(52人)

  • 観たひと

    72

  • 観たいひと

    34

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル 歴史劇 / ドラマ
製作国 ヴェトナム
製作年 2018
公開年月日 2019/10/11
上映時間 93分
製作会社
配給 クレストインターナショナル
レイティング R-15
アスペクト比 1.5.1
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) copyright Mayfair Pictures.

場面

予告編


     

解説

ベトナム出身の女性監督アッシュ・メイフェアが、自身の曾祖母の体験を基に映画化。19世紀の北ベトナム。絹の里を治める富豪の第三夫人として嫁いできた14歳のメイ。さらなる世継ぎの誕生が期待される中、静かな里はさざめきたち、女たちのドラマが幕を開ける。ニューヨーク大学で映画制作を学んだアッシュ・メイフェアの脚本をスパイク・リーが激賞し制作資金を援助。「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユンが美術監修を手掛けた。メイ役は、オーディションで発掘された新人のグエン・フオン・チャー・ミー。

あらすじ

19世紀の北ベトナム。絹の里を治める大地主(レ・ヴー・ロン)のもとに、14歳のメイ(グエン・フオン・チャー・ミー)が3番目の妻として嫁いでくる。一族が暮らす大邸宅には、穏やかでエレガントな第一夫人のハ(トラン・ヌー・イエン・ケー)とその息子ソン(グエン・タイン・タム)、美しく魅惑的な第二夫人のスアン(マイ・トゥー・フオン)と3人の娘たちがいた。そして、若き第三夫人メイには、さらなる世継ぎの誕生が期待されているのであった。まだ無邪気さの残るメイは、ふたりの夫人に見守られながら穏やかな毎日を送っていたが、やがて、ここでは世継ぎとなる男児を産んでこそ“奥様”と呼ばれることを知る。ほどなくしてメイは妊娠。出産に向けて季節が移りゆくなか、第一夫人も妊娠していることが発覚する。そんな折、メイは第二夫人のある秘密を知ってしまい……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年11月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「第三夫人と髪飾り」

2019年10月下旬号

「第三夫人と髪飾り」:インタビュー アッシュ・メイフェア[監督・脚本]