男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ

  • えいすぐれーどせかいでいちばんくーるなわたしへ
  • EIGHTH GRADE
  • EIGHTH GRADE
  • 平均評点

    73.3点(263人)

  • 観たひと

    404

  • 観たいひと

    58

  • レビューの数

    48

基本情報

ジャンル 青春 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/9/20
上映時間 93分
製作会社 A24
配給 トランスフォーマー
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C) 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC

解説

各国の映画祭で数々の賞を受賞した、ユーチューバー出身の新鋭ボー・バーナム監督作。クラスであまり目立たない、卒業間近の中学生ケイラ。不器用な自分を変えようとSNSを駆使してクラスメイトたちと繋がろうとする彼女だったが、いくつもの壁が立ちはだかる。ケイラを演じるのは、本作でゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされたエルシー・フィシャー。共演は「ダークスカイズ」のジョシュ・ハミルトン、「バッド・ウェイヴ」のエミリー・ロビンソン、『ブルー・ワールド・オーダー』のジェイク・ライアン。

あらすじ

中学校生活の最後の一週間を迎えたケイラ(エルシー・フィッシャー)。あまり目立たない彼女は、「クラスで最も無口な子」に選ばれてしまい、そんな不器用な自分を変えようとSNSを駆使してクラスメイトたちとなんとか繋がろうとする。ところが、人気者のケネディからは冷たい視線を浴び、好きな男の子にもどうやってアプローチして良いのか分からない。お節介ばかりしてくるパパ(ジョシュ・ハミルトン)は鬱陶しいし、待ち受ける高校生活も不安でいっぱい。いくつもの壁が立ちはだかるなか、13歳の少女は一歩ずつ前に進んでいく……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年10月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」

2019年9月下旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」