男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ブラインドスポッティング

  • ぶらいんどすぽってぃんぐ
  • BLINDSPOTTING
  • BLINDSPOTTING
  • 平均評点

    75.7点(163人)

  • 観たひと

    233

  • 観たいひと

    27

  • レビューの数

    34

基本情報

ジャンル 社会派 / ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/8/30
上映時間 95分
製作会社
配給 REGENTS
レイティング
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2018 OAKLAND MOVING PICTURES LLC ALL RIGHTS RESERVED

解説

サンダンス映画祭、SXSW映画祭などで上映された社会派ドラマ。保護観察期間が残り3日間となった黒人コリンと、幼馴染で問題児の白人マイルズ。黒人男性が白人警官に背後から撃たれるのをコリンが目撃したことをきっかけに、二人の関係が試されることに。脚本・主演は、ミュージカル『ハミルトン』でトニー賞を受賞したダヴィード・ディグスと舞台脚本家のラファエル・カザル。監督は、本作が長編第1作となるカルロス・ロペス・エストラーダ。

あらすじ

黒人のコリン(ダヴィード・ディグス)は、地元オークランドで保護観察期間の残り3日間を無事に乗り切らなければならない。コリンは、白人で幼馴染の問題児マイルズ(ラファエル・カザル)と一緒に引っ越し業者で働いている。コリンはある日の帰宅中、突然車の前に現れた黒人男性が白人警官に追われ、背後から撃たれるのを目撃する。それをきっかけに、コリンとマイルズは互いのアイデンティティや、急激に高級化する地元の変化など現実を突き付けられ、関係が試されることになる。コリンはあと3日間を何事もなく過ごせば新しい人生をやり直せるのだが、マイルズの予期できない行動のせいでそのチャンスが脅かされる。やがて、オークランド育ちの親友たちの間にある、見えない壁が浮き彫りになっていく……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年9月下旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ブラインドスポッティング」

2019年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ブラインドスポッティング」