男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

レ・ミゼラブル(2019)

  • れみぜらぶる
  • LES MISÉRABLES
  • ----
  • 平均評点

    78.0点(265人)

  • 観たひと

    356

  • 観たいひと

    55

  • レビューの数

    54

基本情報

ジャンル 社会派 / 文芸 / ヒューマン / ドラマ
製作国 フランス
製作年 2019
公開年月日 2020/2/28
上映時間 104分
製作会社
配給 東北新社(提供:東北新社/STAR CHANNEL MOVIES)
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督ラジ・リ 
脚本ラジ・リ 

キャスト

(C)SRAB FILMS LYLY FILMS RECTANGLE PRODUCTIONS

解説

第72回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した社会派ドラマ。小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外のモンフェルメイユ。現在は犯罪多発地域となった街で、ある少年が引き起こした些細な出来事が大きな騒動へと発展し、取り返しのつかない方向に進む。監督は、本作が初長編映画監督作品となるラジ・リ。

あらすじ

ヴィクトル・ユーゴーの小説『レ・ミゼラブル』の舞台となったパリ郊外に位置するモンフェルメイユは、いまや移民や低所得者が多く住む危険な犯罪地域と化している。犯罪防止班に新たに加わった警官ステファン(ダミアン・ボナール)は、仲間とともにパトロールするうちに、複数のグループ同士が緊張関係にあることを察知する。そんなある日、イッサという少年が引き起こした些細な出来事が、大きな騒動へと発展する。ステファンたちは事件解決へと奮闘するが、事態は取り返しのつかない方向へ進み始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年3月下旬映画業界決算特別号

「レ・ミゼラブル」:ラジ・リ[監督]インタビュー

「レ・ミゼラブル」:批評

「レ・ミゼラブル」:「私は分断を許さない」堀潤監督が見た

REVIEW 日本映画&外国映画:「レ・ミゼラブル」

2020年3月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「レ・ミゼラブル」