男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

家族を想うとき

  • かぞくをおもうとき
  • SORRY WE MISSED YOU
  • SORRY WE MISSED YOU
  • 平均評点

    82.0点(428人)

  • 観たひと

    577

  • 観たいひと

    109

  • レビューの数

    95

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 イギリス=フランス=ベルギー
製作年 2019
公開年月日 2019/12/13
上映時間 100分
製作会社
配給 ロングライド 提供:バップ、ロングライド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

予告編


     

解説

「わたしは、ダニエル・ブレイク」のケン・ローチ監督が引退宣言を撤回し、時代の波に翻弄される家族の絆を描いた人間ドラマ。マイホームを建てるため父はフランチャイズの宅配ドライバーになるが、過酷な労働条件に振り回され、家族との時間を奪われていく。労働時間を定めずに締結される労働契約、いわゆるゼロ時間契約について取り上げている。第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

あらすじ

イギリス・ニューカッスルに住むリッキー(クリス・ヒッチェン)とアビー(デビー・ハニーウッド)夫妻の一家。マイホーム購入の夢を叶えるためにリッキーはフランチャイズの宅配ドライバーとして独立し、アビーはパートタイムで介護福祉士の仕事をしている。個人事業主とは名ばかりで、理不尽なシステムによる過酷な労働条件に振り回されながらも働き続けるリッキー。一方アビーも時間外まで一日中働いている。家族のために身を粉にして働くリッキーを、アビーや子供たちは少しでも支えようとし、互いを思いやり懸命に生きる家族4人。しかし仕事により家族との時間が奪われていき、高校生の長男セブ(リス・ストーン)と小学生の娘ライザ・ジェーン(ケイティ・プロクター)は寂しさを募らせていった。そんな中、リッキーがある事件に巻き込まれる……。

関連するキネマ旬報の記事

2020年2月下旬 キネマ旬報ベスト・テン発表特別号

2019年 第93回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:外国映画ベスト・テン

2019年 第93回 キネマ旬報ベスト・テン&個人賞:読者選出外国映画ベスト・テン

2020年2月上旬号

読者の映画評:「家族を想うとき」船戸五郎/「ホテル・ムンバイ」高橋さや/「読まれなかった小説」等力秀久

2020年1月上・下旬合併号

REVIEW 日本映画&外国映画:「家族を想うとき」

2019年12月下旬号

「家族を想うとき」:作品評

UPCOMING 新作紹介:「家族を想うとき」