男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

メランコリック

  • めらんこりっく
  • ----
  • MELANCHOLIC
  • 平均評点

    79.5点(34人)

  • 観たひと

    49

  • 観たいひと

    37

  • レビューの数

    10

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019/8/3
上映時間 114分
製作会社 製作:OneGoose
配給 アップリンク=神宮前プロデュース=One Goose
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ ビデオ 他
音声
上映フォーマット デジタル

スタッフ

監督田中征爾 
脚本田中征爾 
プロデューサー皆川暢二 
撮影髙橋亮 
録音宋晋瑞 
でまちさき 
衛藤なな 
編集田中征爾 
特殊メイク新田目珠里麻 

キャスト

場面

予告編


     

解説

第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門監督賞受賞作。一流大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた和彦は、たまたま訪れた銭湯で高校の同級生と出会い、そこで働くことになる。だがその銭湯は、閉店後に人を殺す場所として貸し出していた……。主人公・和彦を演じる俳優の皆川暢二の呼びかけにより、アメリカで映画制作を学んだ後、IT業界でサラリーマンをしていた田中征爾監督と、俳優の傍らタクティカル・アーツ・ディレクターとしても活躍する磯崎義知という3人の同級生(1987年生まれ)で立ち上げた映画製作ユニット One Goose(ワングース)による映画製作第一弾作品。

あらすじ

一流大学を卒業したものの、その後はアルバイトを転々とする生活を続けている鍋岡和彦(皆川暢二)は、ある夜たまたま訪れた銭湯「松の湯」で高校の同級生・副島百合(吉田芽吹)と出会う。それをきっかけに、和彦は松の湯で働くこととなるが、実はその銭湯が閉店後の深夜、人を殺す場所として貸し出されていることを知る。やがて、同僚の松本晃(磯崎義知)が、殺し屋であることが判明し……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年8月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「メランコリック」

2019年8月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「メランコリック」