男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

さよなら、退屈なレオニー

  • さよならたいくつなれおにー
  • LA DISPARITION DES LUCIOLES
  • THE FIREFLIES ARE GONE
  • 平均評点

    70.9点(55人)

  • 観たひと

    78

  • 観たいひと

    30

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル 青春 / ドラマ
製作国 カナダ
製作年 2018
公開年月日 2019/6/15
上映時間 96分
製作会社
配給 ブロードメディア・スタジオ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 ステレオ
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)CORPORATION ACPAV INC. 2018

場面

予告編


     

解説

トロント国際映画祭最優秀カナダ長編映画賞受賞の青春ドラマ。ケベックの海辺の街で暮らす17歳の少女レオニーは、高校卒業を1ヶ月後に控えながらどこかイライラとした毎日を送っていた。そんなある日、街のダイナーでミュージシャンのスティーヴと出会う。監督は、カナダの新鋭セバスチャン・ピロット。出演は、本作で2018年東京国際映画祭ジェムストーン賞を受賞したカレル・トレンブレイ。劇場公開に先駆け、第31回東京国際映画祭ユース部門にて上映(映画祭題「蛍はいなくなった」)。

あらすじ

カナダ・ケベックの海辺で暮らす17歳の少女レオニー(カレル・トレンブレイ)は、高校卒業を1ヶ月後に控えながら苛立ちを抑えられずにいた。退屈な街を出たいと思いつつ、自分が何をしたいかが分からない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手が嫌いで仕方ない。離れて暮らす実の父親だけが頼りだった。ある日、街のダイナーで、年上のミュージシャン、スティーヴ(ピエール=リュック・ブリラント)と出会ったレオニーは、どこか街になじまない雰囲気を纏う彼に興味を持ち、彼からギターを習うことになる。夏が過ぎていくなか、口論が絶えない家庭、浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、暇つぶしで始めたギター……つまらないことだらけの毎日だが、レオニーになかで何かが少しずつ変わり始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「さよなら、退屈なレオニー」

2019年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「さよなら、退屈なレオニー」