男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ホテル・ムンバイ

  • ほてるむんばい
  • HOTEL MUMBAI
  • HOTEL MUMBAI
  • 平均評点

    82.9点(372人)

  • 観たひと

    501

  • 観たいひと

    87

  • レビューの数

    82

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / ヒューマン / ドラマ
製作国 オーストラリア=インド=アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/9/27
上映時間 123分
製作会社
配給 ギャガ
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

場面

予告編


     

解説

2008年、インドで実際に起きたテロ事件を基に映画化。商都ムンバイで五つ星ホテルがテロリストに占拠された。3日間閉じ込められた500人の人質たちはその多くが生還。そこにはプロとしての誇りをかけて宿泊客を救おうとしたホテルマンの知られざる物語があった。出演は「LION ライオン 25年目のただいま」のデヴ・パテル、「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマー。監督は、本作が長編デビューとなるオーストラリア出身のアンソニー・マラス。

あらすじ

2008年11月26日、インド・ムンバイで同時多発テロが発生。歴史ある五つ星ホテルが武装集団に占拠される。500人もの宿泊客と従業員が人質となるが、特殊部隊の到着は数日後だという。ホテルに残った従業員たちは、自らの命を危険にさらしながら宿泊客を逃がそうと奔走する……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年12月上旬号

読者の映画評:「楽園」志村秀人/「ホテル・ムンバイ」星野市子/「新聞記者」毛利孝子

2019年10月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ホテル・ムンバイ」

2019年10月上旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「ホテル・ムンバイ」