男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ピアッシング

  • ぴあっしんぐ
  • PIERCING
  • PIERCING
  • 平均評点

    56.5点(59人)

  • 観たひと

    86

  • 観たいひと

    10

  • レビューの数

    11

基本情報

ジャンル サスペンス・ミステリー / スリラー
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/6/28
上映時間 81分
製作会社
配給 パルコ
レイティング PG-12
アスペクト比
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

監督ニコラス・ペッシェ 
脚本ニコラス・ペッシェ 
原作村上龍:(『ピアッシング』(幻冬舎文庫))
撮影ザッカリー・ギャラー 
美術アラン・ランパート 
音楽スーパーバイザーランドール・ポスター 

キャスト

(C)2018 BY PIERCING FILM. LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

解説

村上龍の同名サイコスリラー小説を、米インディーズ界の新鋭ニコラス・ペッシェ監督のもとハリウッドで映画化。娘をアイスピックで刺したいという衝動に駆られているリードは、衝動を抑えるためSM嬢の殺害を計画。しかしやってきた女は自傷行為を始め……。抑えきれない狂気を抱えるリードを「ファ一スト・マン」のクリストファー・アボットが、自殺願望を持つあやういジャッキーを「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカが演じる。2018年サンダンス映画祭ミッドナイト部門正式出品作品。

あらすじ

高層マンションの一室で、リード(クリストファー・アボット)は無邪気な幼い娘にアイスピックを向けていた。あと一歩で突き刺さしそうになったところで、妻のモナ(ライア・コスタ)が目を覚まし、踏みとどまる。殺人衝動に取り憑かれている彼には、娘から衝動を駆り立てる幻聴のような声が聞こえていた。そして衝動から逃れるため、SM嬢をホテルに呼び出して殺害する計画を立てる。出張用の旅行バッグにアイスピックと縄と拘束具を忍ばせ、会話も動きも入念にリハーサルし、女を待つリード。やってきたのは、どこかあやうい雰囲気を漂わせるジャッキー(ミア・ワシコウスカ)という女だった。シャワールームに入った彼女は、いつまで経っても出てこようとしなかった。苛立ったリードが堪らず扉を開けると、彼女は自分の足に刃物を突き刺し、血だらけになっていた。止めに入っても、ジャッキーはエキセントリックな声を上げ自傷行為を続ける。これはリアルな悪夢なのか、それともシュールな現実か。刃を外に向ける者と内に向ける者。衝動と願望が交錯していく。

関連するキネマ旬報の記事

2019年7月下旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ピアッシング」

2019年7月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ピアッシング」