男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ガーンジー島の読書会の秘密

  • がーんじーとうのどくしょかいのひみつ
  • THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY
  • THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY
  • 平均評点

    77.8点(125人)

  • 観たひと

    178

  • 観たいひと

    64

  • レビューの数

    30

基本情報

ジャンル ラブロマンス / 歴史劇 / ドラマ
製作国 フランス=イギリス
製作年 2018
公開年月日 2019/8/30
上映時間 124分
製作会社
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング 一般映画
アスペクト比 ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2018 STUDIOCANAL SAS

場面

予告編


     

解説

マイク・ニューウェルがメアリー・アン・シェイファーの同名小説を映画化した心温まるミステリー。1946年、終戦直後のロンドン。作家ジュリエットは、エリザベスという女性が創設した“ガーンジー島の読書会”に関する記事を書こうと、島を訪れるが……。出演は「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、『ゲーム・オブ・スローンズ』のミキール・ハースマン。

あらすじ

1946年、終戦の喜びに沸くロンドンに暮らす作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)は、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチに怯えていた大戦中、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が、彼らを支えていた。本が人と人の心を繋いだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうとガーンジー島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気づく。やがて彼女は、エリザベス不在の理由を知るが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年11月上旬号

読者の映画評:「サタンタンゴ」布やハサミ/「ガーンジー島の読書会の秘密」松本ひろみ/「初恋ロスタイム」保坂朱美

2019年9月下旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ガーンジー島の読書会の秘密」

2019年9月上旬号

UPCOMING 新作紹介:「ガーンジー島の読書会の秘密」