男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

KINENOTE公式Twitter

ワイルドライフ(2018)

  • わいるどらいふ
  • WILDLIFE
  • WILDLIFE
  • 平均評点

    73.2点(189人)

  • 観たひと

    273

  • 観たいひと

    60

  • レビューの数

    26

基本情報

ジャンル ヒューマン / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019/7/5
上映時間 105分
製作会社
配給 キノフィルムズ
レイティング PG-12
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2018 WILDLIFE 2016,LLC.

解説

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」などで活躍する俳優ポール・ダノの監督デビュー作。1960年代。アメリカの田舎町で両親と共に暮らす14歳の少年ジョー。だが、職場を解雇された父が出稼ぎに出たことをきっかけに、幸せだった生活は変貌してゆく……。原作は、ピューリッツァー賞作家リチャード・フォードの小説『WILDLIFE』。出演は「ヴィジット」のエド・オクセンボールド、「未来を花束にして」のキャリー・マリガン、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のジェイク・ギレンホール、「モリーズ・ゲーム」のビル・キャンプ。

あらすじ

1960年代、カナダとの国境近くにあるモンタナ州の田舎町。14歳の少年ジョー(エド・オクセンボールド)は、ゴルフ場で働く父ジェリー(ジェイク・ギレンホール),専業主婦の母ジャネット(キャリー・マリガン)と、家族3人で暮らしていた。新天地での生活がようやく軌道に乗り、仲睦まじい両親の姿を心安らかに眺めていたある日、ジェリーが突然、職場を解雇されてしまう。やむなく、命の危険も顧みず、山火事を食い止める出稼ぎの仕事に旅立つジェリー。残されたジョーとジャネットは、働くことを余儀なくされ、ジョーは写真館、ジャネットはスイミングプールでの職を見つける。だが、それだけでは生活は安定しなかった。やがてジョーは、優しかった母が不安と孤独に苛まれ、生きるためにもがく姿を目の当たりにするようになる……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年7月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ワイルドライフ」

REVIEW 日本映画&外国映画:「ワイルドライフ」