男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

帰ってきたムッソリーニ

  • かえってきたむっそりーに
  • SONO TORNATO
  • I' M BACK
  • 平均評点

    71.7点(41人)

  • 観たひと

    55

  • 観たいひと

    21

  • レビューの数

    12

基本情報

ジャンル コメディ / ドラマ
製作国 イタリア
製作年 2018
公開年月日 2019/9/20
上映時間 96分
製作会社
配給 ファインフィルムズ
レイティング 一般映画
アスペクト比
カラー/サイズ カラー
メディアタイプ
音声
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2017 INDIANA PRODUCTION S.P.A., 3 MARYS ENTERTAINMENT S.R.L.

場面

予告編


     

解説

独裁者ムッソリーニが復活し、イタリア全土を巻き込んでいく騒動を映し出すコメディ。売れない映像作家カナレッティは、偶然ムッソリーニをカメラに収めたことからドキュメンタリー制作を開始。TVやネットに出演するかつての総帥は人気者になっていくが……。ルカ・ミニエーロ監督がドイツのベストセラー小説『帰ってきたヒトラー』から着想を得て、舞台をドイツから現代イタリアに置きかえ映画化。ムッソリーニを演じるのは「イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男」のマッシモ・ポポリツィオ。イタリア映画祭2019特別上映作品。

あらすじ

ある日、売れない映像作家カナレッティ(フランク・マターノ)は、復活したムッソリーニ(マッシモ・ポポリツィオ)を偶然カメラに収め、そこから一発逆転をかけたドキュメンタリー映画の制作を思い立つ。ふたりでイタリア全土を旅しながら撮影を敢行。ムッソリーニをそっくりさんだと思った若者が屈託なくスマホを向けると、彼は戸惑いながらも撮影に応じ、次第にネットで拡散されていくのだった。そんな折、ムッソリーニはテレビに出演。そのカリスマ的な演説が人々の心を掴み、高視聴率を叩き出す。かつての統帥が絶大な人気を集めていくなか、彼は再び国を征服しようと野望を抱き始める……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年10月上旬特別号

REVIEW 日本映画&外国映画:「帰ってきたムッソリーニ」

2019年9月下旬特別号

UPCOMING 新作紹介:「帰ってきたムッソリーニ」