男性      女性

※各情報を公開しているユーザーの方のみ検索可能です。

NEWS

新作登録のお知らせ

KINENOTE公式Twitter

ガラスの城の約束

  • がらすのしろのやくそく
  • THE GLASS CASTLE
  • THE GLASS CASTLE
  • 平均評点

    74.5点(75人)

  • 観たひと

    112

  • 観たいひと

    35

  • レビューの数

    14

基本情報

ジャンル 伝記 / ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2019/6/14
上映時間 127分
製作会社
配給 ファントム・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
メディアタイプ
音声 5.1ch
上映フォーマット

スタッフ

キャスト

(C)2019 Lions Gate Entertainment inc. All Reserved.

場面

予告編


     

解説

「ショート・ターム」のデスティン・ダニエル・クレットン監督が、ブリー・ラーソンと再タッグを組む人間ドラマ。ニューヨークに暮らす人気コラムニストが、関係を断った父との再会をきっかけに、今まで隠して生きてきた子供時代の想い出を呼び覚ましていく。共演は「スリー・ビルボード」のウディ・ハレルソン、「インポッシブル」のナオミ・ワッツ。原作は、衝撃的な自身の半生を綴ったジャネット・ウォールズの自叙伝『ガラスの城の約束』。

あらすじ

1989年。『ニューヨーク・マガジン』で活躍する人気コラムニストのジャネット・ウォールズ(ブリー・ラーソン)は、富裕層が集まるマンハッタン、パークアベニューの瀟洒なアパートメントにファイナンシャル・アドバイザーである恋人デヴィッド(マックス・グリーンフィールド)と暮らしながら、順風満帆な毎日を送っている。そんなある日、ジャネットは車道に飛び出してきたホームレスの男性に遭遇。彼はストリートで自由気ままに暮らす彼女の父・レックス(ウディ・ハレルソン)だった。ジャネットは知らないふりを装いながらも、何もかもが規定外だった父と母との記憶を呼び覚ましていくのだった……。レックスはいつか家族のために“ガラスの城”を建てるという夢を持つエンジニア、母親のローズマリー(ナオミ・ワッツ)は売れない画家。彼らは定職につかず理想や夢ばかりを追い求め、自由気ままに暮らしていた。物理学や天文学などを教えてくれるレックスは、幼い頃のジャネットたち兄弟にとってカリスマ的な存在であり、聡明なジャネットのことを彼は“チビヤギ”と呼び、愛情を注いでいた。だが、仕事が上手くいかないレックスは次第に酒の量が増え、家で暴れるようになっていく。やがて、高校生になったジャネットは大学進学をきっかけに、ニューヨークへと旅立ち、両親との関係を断とうとするが……。

関連するキネマ旬報の記事

2019年7月上旬号

REVIEW 日本映画&外国映画:「ガラスの城の約束」

2019年6月下旬号

UPCOMING 新作紹介:「ガラスの城の約束」